落ち着かない、落ち着かない、落ち着かない~~~。^^;
なんで、昨日面接があって、発表は今週の金曜日なんでしょう???
どうせ当日中に決まっているでしょうから、もう発表してくれてもいいのに^^;

だめならだめで、つぎの学力試験に向けて気合を入れなおしてもらわないといけないですしね~。
本人はまるで学校の期末考査が終わったような気分で、なんかのんびりとしちゃって^^;
その油断が、あとあと響くことをわかってないんだな。。。

ただ、息子が昨日の面接を受ける前の日に私に聞いたことがあります。
「とにかく頑張ればいいんだよね~?」
なので、こう答えました。
「どうして頑張ったほうがいいかというと、頑張らなかったときはあとあと引きずるんだよね。あのときこういうことをやっておけばよかったとか、もう少し練習していたらもっと落ち着けたのに~とか。引きずると、切り替えることがむずかしくなるから、もしだめだったときに、つぎの試験に向けての心構えがなかなかできなくなる。逆に、自分なりに全力を出し切ったな~と思ったら、もしだめでも『自分の上に○○人、すごいのがいたんだ~』とただ素直にそう思えるから、次に向けてまた頑張ることができるんだよ。」と。

で、まあ、息子はとりあえず自分なりには「頑張った」らしいので、あとは「人事を尽くして天命を待つ」ということで、なるようにしかなりません^^;
ただ、息子はわりと流されやすい性質なので、まわりの子が推薦や私立で高校が決定してしまうと、自分も遊びたくて仕方なくなるのではないかと、そのあたりが心配で。。。
そこを踏みとどまって気合を入れなおして頑張らないといけないんですけどね。
そんなこんなで、今はひたすら祈ってます^^;

(ちなみに合格発表日は、私の結婚記念日と同じ日なので、ブログの下のほうにある「結婚記念日まであと○日!」というカウントダウンがそのまま当てはまります。(爆))
スポンサーサイト
line
まあ、なんていいますか・・・。
まめにブログを更新していることからもわかりますように、とにかく落ち着かない^^;
(じゃあ、落ち着いてたら、ブログは更新されないんだろうか???)
将棋を指していても、掃除をしていても、どうも地に足がついていないような変な感じです。
親がそんなことでは子供はもっと大変だろう~と思うわれる方がいらっしゃるかもしれませんが、これが本人はいたって普通で。。。
だからこそ、親は「どうしよう。。。」と思ってしまうのかも^^;
昨夜もテレビ見た後でテレビゲームやってるし^^;

つまり「面接による推薦」のため、本人はとりあえず気負わず~みたいな感じになってしまうんですね。ここ数日、寒さも厳しくなっているので、風邪を引かれるのが一番困りますから塾にもやっていないし。
だからって普通は家に居ても勉強しそうなものですけど^^;

はっきりと自分の意思を伝えて、堂々としていられればいいのですが、
私と面接練習しているときでも、ちょっとしたことにつっかえたり、間が空いたりすることがあって、それが親の心配を増幅させています^^;
慌てて話そうとしなくていいんだよ~と言っているのですが、どうもそのあたり少し気持ちが焦る部分があるらしくて。
とりあえず自分の意見をまとめた紙があるのですが、それをもう一度ちゃんと復習しなおすように言っておきました。今日の午後、さいごに予行演習をするので、それまでにちゃんと見直しておいてね~と。
でも、そう言った後で、やっぱり遊んでいる息子を見るにつけ、不安は増大しています^^;

まあ、こうなったらなるようにしかならないので。
あとは本人しだいですから、頑張ってもらうしかないですね。

先日、都立高校推薦の応募状況が新聞に載っていて、息子の志望校はとりあえず4倍弱かな。。。昨年などは6倍くらいあったので、それに比べるとかなり減りましたから、ちょっとだけホッとしました。
とにもかくにも明日が本番です。今日はできるだけ怒らないように気をつけて、私も心静かに過ごしたいな~と思ってます。(爆)
line
昨日のお昼前くらいに、都立の願書を出しに行った息子から電話がありました。
息子:「K駅にいるんだけど、定期入れをなくしたみたい。」はあ???
雪の中大変だね~とかそういう言葉は全部消えて、「何してるの?」みたいな^^;
息子:「パスモとお札が入ってたけど、それがないから、事情を話したら改札で通してくれたから」
私:「で、それからあとは帰ってこられるの?」
そのあと地元を走る「○浜急○」に乗らなくてはいけないのですが・・・。
息子:「小銭は小銭入れに入ってるから、それくらいはある」
私:「じゃあ、まあ、とりあえず気をつけて帰ってきなさい」

息子が帰ってきてから状況を聞いたら、ズボンのポケットに入っていたので、駅の椅子か電車の座席かどちらかに落ちたのではないか~とのこと。
とりあえず、入っているはずのものを全部書き出してもらって、その該当駅に電話してみると、忘れ物センターのようなところにつながりました。
電車の座席に落ちていたのを車掌さんが拾ってくださったようです。
ただ、終点の駅でそのまま持っているので、その駅まで取りにいかないといけない。

というわけで、今日の午前中、せっせと行ってきました^^;
無事に受け渡しをしていただいて、パスモの清算もしていただいて、朝から一仕事したような感じです^^
最初息子には、「帰ってこない可能性もあるよ~」と言っていたのですが、電車の座席に置いてあるものをわざわざ拾う人もいなかったのか、とにかく運が良かったの一言です。
この運をなんとか今度の日曜日まで持っていって、無事に面接をクリアしてほしいのですが。。。運を使い果たしてないことを祈るばかりです^^;
line
降る降る~と言ってなかなか降らなかった雪が、今朝とうとう降り始めました。
屋根もベランダもうっすらと雪化粧していますけど、そろそろ雨に戻るのかな・・・それとも、このまま降り続けるのかな・・・う~ん、どうなんでしょう???

昨日私立の併願推薦入試を受けた息子ですが、なんと今日は本命の都立高校の推薦入試の出願日です^^;
というわけで、ちょっと変わったことがあるとすぐに影響を受けてしまう首都圏の交通状況が親としてはとても心配で。。。^^;
私は(自慢ではないですが)小学校一年生から電車通学してましたので、電車のトラブルに遭ったときの対応って、自然に身についているんですよね。
あわてず騒がず状況を把握して、乗り換えたほうがいいのか、このまま待った方がいいのかを見極めて行動するとか、とりあえず連絡しなければいけないところに、ちゃんと連絡をとる~とか。
ところが、子供たちは地元の小中学校ですから、電車の経験ってほとんどなくて。
ただでさえ、息子は「どう行ったらいいんだろう」という不安を抱えながら電車に乗ることになるので(^^;)、これで電車が止まっただのなんだのと言われた日にはパニックになりそうです^^;
というわけで、登校前に、急いで中学校と願書を出しに行く高校の電話番号をメモして、持たせました。
こういうお天気なので、高校の方もわかっているはずですから、出願時間が多少遅れても大丈夫だとは思いますが、連絡を入れておくことはとても大事なので。
まあ、何かあったら、一番に家に電話が来そうですけど^^;

こんなに寒いのに、コートもマフラーもしていかないので、親としてはとても心配です。
ただ一つだけ彼がしていく防寒は、軍手の二枚重ね^^;
日曜日まで風邪引けないんだよ~~~~。無理しないでね。
line
とりあえずご報告です^^
息子が、某私立高校の併願推薦に合格しました^^
今朝、英語と国語の試験を受け、そのあと面接を受けて、4時から合格発表。。。(全部一日で終わるシステムなのね^^;)
私も途中から高校に出向いて、面接の終わったあとの暇つぶしにつきあいました。(爆)
カレーを食べたい~というリクエストにこたえて、久々に神保町まで行ってカレー食べさせてあげましたし。
(そのカレーが、ものすご~~~~~く美味しかった♪)
とにもかくにも、第一関門突破で、ちょっとホッとしたかな~。
でも、本命は今度の日曜日の都立推薦ですから・・・。
まだまだ気は抜けないですね^^
line
昨日今日と東京も雪の予報だったのですが、今回も予報は外れてしまったようで、いまのところ雪の気配はありません。
それなりに寒いのはたしかなのですが、まあ、冬なのである意味仕方ないですね^^;

さて、土曜日のことですが、夕方すこし時間が空いたので、24の大阪道場に観戦に行きました。土曜日なので駒落ち村の村民のみなさまが駒落ちを指しているのではないかしら~と思ったら、案の定駒落ち対局があったので、観戦に入りました。^^
ちょうど駒村管理人の清十郎先生がいらっしゃって、「もし時間があるならTさんと平手の練習しませんか?」とおっしゃってくださいました。
Tさんとは24で14級で、今6枚落ちの卒業試験(かなり過酷な上手メンバーです^^;)の真っ最中の方です。
「きっといい相手ですよ~」と言われ、私もまったく知らない方ではありませんので(少しお話したこともありますし^^)「今なら大丈夫です^^」とお受けすることにしました。
といっても、24で対局するなんてほとんどありませんし、時間も15分なんて慣れてないし・・・。
まあ、私が勝てる可能性なんて10%くらいだろう~と気楽に指すことにしました。(爆)
私が先手で当然のように四間飛車。後手のTさんは・・・あら、王様がどんどん寄っていく・・・って、まさかの穴熊^^;
居飛穴ですかぁ。。。。
穴熊の攻略法なんて知らないのに。。。(基本的に、ハンゲでは私相手に穴熊を指す人っていないんですよね。。。^^;)
もうその瞬間に終わったかな~と思ったのですが、清十郎さまの手前、とりあえず食いつくだけ食いつかないといけないかしら~と思い、頑張ってみました。
自分でも勝負どころの攻めを緩めてしまったことに気づいて、要所要所で「負けた~~~」と思ったのですが、私の悪手とTさんの緩手の戦いのようなすごい熱戦になり(^^;)、さいごは後手陣に角がきいているにもかかわらず指した私の王手にTさんが潔く投了してくださいましたので、なんと勝ってしまいました♪
観戦していた有段者のみなさまはさぞや胃が痛んだのではないかと。^^;
ただ、角がきいていることはわかっていたものの、その先に馬もいたことは私はすっかり忘れていたので(大爆)、投了されなかったらやっぱり負けてたのかな~。
でも寄せのいい勉強にはなりました。
実戦ほど貴重なものはありませんね^^
清十郎先生、Tさん、ありがとうございました。m(_ _)m

というわけで、棋譜なのですが、駒村の掲示板とリンクさせるわけにはいかないので、べつの棋譜のご紹介です^^
金曜日の夜、算ちゃんと6枚落ちを指して、勝てた棋譜です~~~。
やっぱりリンク設定がうまくいかないので、このブログの↓のほうにあるリンクから「戦術研究所」をクリックして、「棋譜の閲覧と検索」~「0097.html」で見ることが出来ます。わりと自分ではよかったかな~と思うので、見ていただけると幸いです。m(_ _)m





line
寒い~~~~~なんて言っては、東北や北海道など氷点下にもなるところに住んでいらっしゃる方々には顔向けもできませんが・・・。
でも、私は関西出身で、東京より暖かいところでずっと暮らしてきたため、とにもかくにも寒さに弱い^^;
今日はぜったいこの冬一番の寒さだろうな~と思いつつ、自転車を走らせていました。
顔にあたる風の冷たいこと・・・。
道行く人にどう思われてもいいから、タイガーマスクみたいな仮面をかぶりたい~と真剣に思ってました。(爆)
でも、家に帰ってきて、ちょうどお客様がいらしていたのでお茶を淹れていた義母が熱いお煎茶を私にもくれたので、それを飲んだらホッと一息^^
美味しい~~~~♪^^
今日は、私立の願書を出しに行く日で、この寒さの中制服しか着ないで見知らぬ土地を歩いている息子はかわいそうだな~などと思い、息子が家に帰ってきたら優しくしてあげよう~と心に誓いました。^^
line
今日は授業参観日でした。
いつも思うことですが・・・。誰もいない^^;
まあ皆無というわけではさすがにないものの、それにしてももう少し参観に来てもいいのではないかと思ったりして。。。
もっとも、参観者が少ないことは容易に想像できたので、私はお友達を誘って行きました^^
でも、彼女の娘さんは、ちょうど行った時間が体育と技術だったので、「見なくていいかな~」と言い出し、私の娘のところの歴史をいっしょに参観していました。。。
あんまり人が少ないので息苦しくなり(^^;)、途中でいっしょに出て、廊下に貼ってある書初めの見学をしていました。(爆)
書初めについて、ああだ~こうだ~話してる方が楽しかったかも^^

それにしても、いくら働くお母さんが多いとはいえ、もう少し授業参観に来てあげればいいのにな~。
学校を見に来るって、それなりに楽しいんですけどね^^
4時間目は娘がクラス代表で、学年のみんなの前で発表があったのですが、「これだけは絶対見に来ないで!」と念を押されていたので、4時間目が始まる前に帰りました^^;
何人か先生に出会い、「これから瑠羽の発表ですよ~」とさんざん言われましたけど、まあ家で発表の練習は聞いているので、それでいいかな~と。
さて・・・本人は頑張ったかな?^^
line
この間息子に「キムチ鍋が食べたいな~」と言われたのですが、義父が辛い料理が苦手なため、両親がいないときでないと作れないと答えました。
すると、昨夜、義母はハーモニカの教室の新年会に、義父は「薔薇の会」(昨年の末から薔薇を育てる会に参加しています)の新年会に行くというので、二人ともお夕食がいらない・・・ということで、雨が降って寒い日だったこともあり、子供たちと三人でキムチ鍋を食べることにしました。
とはいえ、お鍋物大好きな私も初挑戦の鍋で、どんな味付けなのかよくわからなかったこともあり、市販のキムチチゲの素を買ってきて、お野菜や豚肉やお豆腐を入れて食べてみました。
息子は張り切って、寒い中、隣町にある美味しいキムチ屋さんまで自転車を走らせてキムチを買いに行き、それも入れてましたし、娘は大好きなお餅をたくさん入れていました^^
私は基本的に野菜いっぱい大好きの人なのですが、いざ食べ始めると・・・。
    辛~~~~い。。。><
想像していた以上の辛さで、普通のキムチよりもっと辛くて・・・。
なのに、息子と娘は美味しそうにパクパク食べています。
これは世代の差なのかな~と思いつつ、お鍋を食べたいのに食べられない悲哀をしみじみと味わっていました^^;

汗をかきかき息子が「この鍋を4日くらいつづけて食べてると痩せるらしいよ~」と言っているので、「たしかにそれだけ汗をかいたら痩せるかもね~」と答えました。
もっとも、お鍋ってどうしても食べ過ぎてしまうところがあるので、そうなったらだめでしょうけど^^;
でも、まあ、たしかに痩せるかもしれないですよね~。
こんなに口の中が火の状態になって、ほんのちょっとしか食べる気にならなかったら、べつの意味で痩せるかな。。。私にとっては究極のダイエット法かもしれないと、しみじみと思いました^^;
line
夜はほとんど将棋にいけませんけれど、午前中はたまに指すこともあります。
12月は大掃除で朝も忙しかったのですが、今はそういうこともなく10時を過ぎると手が空くこともあるので。
そういう朝は、男さんを呼び出してます~。(爆)
昨日の朝も2局指したのですが、あとで指したほうが珍しく相振りの対局となりました。
かなり力戦でしたけど、実のところ私が見えてないものがいっぱいありすぎでした^^;
それでも140手までいって、結局時間切れで私の負けだったのですが、初笑いになりそうな楽しい棋譜かもしれませんので、ぜひぜひご覧いただいて、ご指導いただけると幸いです。m(_ _)m

棋譜は、「江戸川HP」~「棋譜の部屋」~「棋譜の閲覧と検索」で、0096.htmlをクリックすると見ることができます^^
(なぜかうまくリンクが作動してくれないので、このブログの下のほうにあるリンクから、「戦術研究所Cardinal_System」を選択していただいても、飛ぶことができます^^)
line
今日は鏡開きです。
とはいえ、義母曰く、「昔と違って特になんにもすることもないし・・・」とのこと^^;
昔は、かたくなったお餅を一生懸命割って、本当に鏡開きしたそうですが(たしか実家でもやっていました)、今はお餅もそれほどかたくなっていないし、鏡餅にいたっては真空パックになっているものをここ数年は使いまわしているので(^^;)、ただお餅を片付けるだけなんですね。。。^^;
とはいえ、小豆を煮て、おぜんざいはちゃんと食べます^^
というわけで、午前中に小豆をちゃんと煮ておきました。
一時、缶詰の餡を使ったこともありましたけど、やっぱり自然の甘さはその場で煮た小豆にはかなわないので。市販の餡はどうしてもドロ~っとした感じなんですよね。サラッとした感覚のおぜんざいにするには、やっぱり小豆を煮るのが一番です^^

今朝はちょっと寒かったのですが、それでも雨ではなくとてもいいお天気に恵まれました。
2~3日前から雨の予報だったのですが、夜から降るみたいですね。
挨拶当番だったので、雨だったらいやだな~と思っていたのですが、晴れていたので気持ちよく「おはようございます~♪」と子供たちに挨拶ができました^^
毎年思うことですが、子供たちも冬のほうがこちらに挨拶を返す率が高いんですよね。。。
あれは絶対、「寒いのに頑張ってるんだな~」と思うからではないかと。
挨拶を返してもらうと、それだけで気持ちが温かくなります^^

さて~明日は雨か雪かもしれないという予報ですから、もう一回お洗濯してしまいましょう^^
line
私がよくお邪魔している24のとあるサークルの裏掲示板があります。^^
 (いつも勝手にお邪魔して申し訳ありませんm(_ _)m(ふかぶか~))
で、その裏掲示板にちょっと書いてあったことに敏感に反応してしまったのですが、なにしろ私は部外者なので、そこに何一つかける立場ではありませんので、自分のブログに思ったことを書いてみることにしました。

なにかというと、「駒落ちについて~」です^^
江戸川でも王将戦という棋戦があり、これは駒落ちを基本にしています。
江戸川には強豪が多く、一歩杯のような順位戦になると、当たり前ですが強豪たちがトップの座につきます。将棋ファン~通くらいの称号の人たちは、強い人を相手にして優勝は夢のまた夢、私なんていつも全敗してます。(爆)
で、強豪のみなさまは優しいので、「ファン~通くらいの人たちにも勝ってほしいな~」と思って、駒落ちの王将戦を企画してくれます。できるだけ下手有利の手合い決めにして・・・。
ところが!
この王将戦に参加しようとする「純粋な下手」の人が、実はとても少ないんですよね。。。
この人の棋力なら、2枚落ちで上級棋士さんにも勝てるだろうから~と誘ってみても、「駒落ちはちょっと・・・」と辞退してしまうんですよね。
私のような「駒落ちが大好き~」というタイプはなかなかいないので、上手候補は多いのに、下手候補があまりにもいなくて、結局「金将」vs「師範」で「角落ち」のような、当初の目的とはまるで違った手合い決めになることも多いです。
「師範」vs「上級」で香車落ち~とか^^;
べつに悪くは無いですけど、なんだか変だな~みたいな。。。^^;

どうして下手がいないのか。。。
これは将棋というゲームが、勝ち負けがはっきりしているということから来ているのかな~と思います。
駒を落としてもらえば、もしかしたら勝てるかもしれない。でも。
   ①駒を落としてもらった段階で、すでに負けたような気持ちになる。
   ②もし、駒落ちで負けたら、もっとみっともない。
この二つが大きく影響するのではないでしょうか。
①に関して言えば、最初から自分が有利なのが当たり前。つまり初心者として扱われるような、なんとなく腑に落ちない感じがあるんでしょうね。
上手は「下手に勝ってもらって、楽しさをわかってほしい」と思うのだと思いますが、下手からすれば「初心者でもないのに、そんなに落とされてしまった」ことに対するショックのほうが大きいのかも。
要するにプライドの問題なんですけど、将棋って「いくさ」ですからすごく男性的なんですよね~。まあ、男のプライドが・・・みたいな感じになっちゃうのかな~と、人間観察が好きな私はそのように解釈しています。^^
②については、まさにそのとおりですよね。
「こんなに駒を落としてもらったのに勝てなかった・・・」という結果になってしまっては、あまりにも悲しいです。
逆に上手は、負けたら「手合い違いだ~」って叫べばいいですし、勝ったら純粋に嬉しいでしょうし。じつは駒落ちって、最初の気持ちの段階で、上手のほうが有利なのではないかと思ったりします。
(これが本当に駒落ち好きになると、上手にとことんいじめ抜かれることが楽しくなってしますのですが・・・私がいい例です^^;)
しかも、駒をいっぱい落としてもらっているわりには、定跡どおり指してもなかなか下手が勝つのは大変なんですよね。いかに自分らしくその手合いを指せるようになるかがポイントみたいで。

要するに、駒落ちの下手は大変なんです^^
でも、それをやってやってやりつづけると、下手というものに嵌ってしまって、抜けられなくなるんですけどね~私のように^^
息子の受験が終わって、春になったら、6枚落ちの卒業試験を控えています。
6枚落ちの練習は新年になってからまだやっていないのですが、少しずつ自分のいろんな指し方の幅を拡げて、「自分らしく」6枚落ちを指せるようになりたいな~って思ってます^^

line
ハンゲのメンテナンスがつづいています。。。
メンテが延長されるときは、なにか変わったことを行っていることが多くて、しかも慣れるまでどうも使いづらい結果になることがよくあります^^;
PCは個人個人で機種もOSもいろいろと違うわけですから、全員に満足してもらうのは無理としても、少しでも使いやすくなるように・・・と思って、いろんなサービスを加えたり、頻繁にメンテを行ったりするのでしょうが、どうも裏目に出ているほうが多いような気がするのは私だけではないかも・・・。

今回はたしか「友達登録を変える」~と言っていたような。。。どうなることやら^^;

私がPCを使える時間は限られているし、その入れるときにサークルの掲示板を見ておきたいのに・・・^^;
このペースでいくと、また夕方になりそうな予感です。><

まあ、個人的には、男さんと朝、とあるところで将棋を指したから十分満足してますけど^^
最近超急戦(決して角換わりではありません)の練習をしてくれるので、またそれも楽しいな~と思っている今日この頃・・・。
将棋はやっぱり見ているより、自分で指して考えるのが一番楽しいですね^^
line
昨日は寒いな~と思いましたけれど、今日は一転して暖かな一日になりそうです^^
今日から子供たちは三学期が始まりました。
とはいえ、今日は始業式が終わればすぐに帰ってくると思いますけど・・・。
息子にとっては、この一月~二月が正念場なので、とにかく必死で頑張るようにと言っているのですが、わかっているのかいないのか。。。><
どうも休憩が多すぎるような^^;
それでも、学校でももう授業というより自習などのほうが多かったりするでしょうし、本人が取り組むしかないんですよね。。。
願書の提出などいろいろなことが近づいてきます。
一つ一つ、こちらも決して忘れないように、カレンダーに書き込んでおかないといけないですね^^
将棋も、夜はやっぱり行けないみたいです。
しばらくは朝の時間があるときに、男さんと指すだけですね^^
line
子供たちの書初めを毎年手伝っています。
手伝うというよりは監督しているといったほうが正しいですね^^;
なにしろ、適当に書いて「これくらい書ければいいかな~」で済ませようとするので・・・。
私がお習字をやっていた頃は、一枚の半紙が墨で埋め尽くされるくらい何度も練習したのですが、最近の子供は字を書いてうまくいかなければそれをただ没にするだけ^^;
なんでもっと練習しないかな~と、素朴に疑問です。

1/3は娘が「日本の美」という言葉を書きました。
1/4は息子が「自主創造」という言葉を書きました。

常日頃、私が子供たちに言うのは、手先でさらさら~っと書くのではなく、子供は子供らしく半紙から飛び出しそうなくらい元気な字を書きなさい~ということです。
字の上手・下手はある程度才能もあるのですが、元気のあるなしに才能はまったく関係ないので^^
そういう意味では、今年の書初めはどちらかというと、息子に軍配があがったかも。
本来的に字がうまいのは娘なのですが、今回はただ器用に見た目の上手さに流されて、私から見るとあまりいい字ではなかったかなと思ってます。
なんというか、こじんまりとまとまっちゃったかな~みたいな^^;
息子の方は、上手とか下手とかを越えて、とにかく堂々と書いたところが私好みでした^^
あともうすこし練習すれば、もっともっといい字が書けただろうとは思ったのですが、とりあえずその元気さに免じて、早めにオーケーをだしました。

そして、昨日、私自身の書初めをしました。
もうすぐPTAの新年会があるのですが、そのとき1階と4階に「○○中学校新年会・会場」という看板をたてないといけません。
その字を模造紙に書く担当になっていたので(二年前も私が書きました)、娘の筆を借りて真剣に書いていました。
私がそれに熱中している間中、娘は「ポルノグラフィティの(岡野)昭仁さんが結婚しちゃうよ~><」と叫び続け、集中力が途切れそうでしたけど、なんとか踏ん張って、まあまあの字が書けたかな~と思ってます^^
娘曰く、「やっぱり書初めはママに書いてもらえばよかった~」だそうです^^;
line
箱根駅伝についての記事を先日載せたのですが、いろいろ思うことがあり、もういちど書き直そうかな~と思いました。
まず、毎年見ているわりに、自分でよくわかっていなかった点があり、ちょっと訂正です。
往路5区で途中棄権となった順大は、復路優勝はおろか個人的な記録さえもねらえなかったんですね。。。
突歩さんがコメント欄に書かれていたように、選手がどうしても「つらいことを言えない」のは、そういうところにもあるのでは~と思いました。
箱根駅伝は、母校の襷をひたすらつなぐ姿に、多くの人が感銘を受けるのですが、それが選手にも監督にも重荷になってしまうようでは意味がありません。
ずっと以前からのファンだからこそ、盛り上がりすぎて見えなくなっていることがあるような気がしてしまいます。。。
どんなに苦しくても、彼らは前しか見られない。
つらいとは言えない。
そして、おそらく監督も、苦しんでいる選手に手をかけるにはよほどの決断が必要なのでしょう。
だとしたら。。。
第三者がその判断をするしかないのでは~と思います。
要するに、ドクターストップですね。
選手たちは、ただ箱根駅伝だけを走るための存在ではなく、日本の長距離界を担う大事な存在です。その選手生命を絶たれるかもしれないということを、もっともっと考えなくてはいけないのかもしれません。
レースは毎年レベルが高くなっていきます。
東海大のエース・佐藤くんは、今年も区間新記録を樹立しました。
タイムを競えば競うほど、レース自体は苦しくつらいものになります。
東海大の最後のランナーが蒲田の踏み切りで足をくじいて、そのままそれでも15kmも走り続け、何度も転倒しながらゴールまであともう少しのところで、無念のリタイアとなりました。
足に豆ができることもあります。マラソンや駅伝といった長距離のランナーには何が待ち受けるかはわかりません。
私が夫といっしょに駅伝を応援に行くときには、必ず蒲田の踏み切りのあたりにいましたので、その意味でもとても切なさが残ります。
でも、選手が転倒するということは、もう何か大変なことが起こっているということの表れだと思いますから、監督がなにかおかしいと思えば、すぐにドクターに診せられるような態勢にならないかな~と、ただのファンだから言えることかもしれませんけれど、今回はいろいろなことを考えさせられました。

母校の襷が悲しい涙で色あせないように、選手たちが自分の体調を考えながらしっかりと走りぬくことができるように、3校ものリタイアを出した今回の教訓を真摯に受け止めていただきたいと思います。m(_ _)m
line
まず、お雑煮について~。
まあ、なんでもそうなのですが、その地域によっても、またそれぞれの家庭によっても違うものは多々ありまして。。。
うちの実家は神戸ですから、お餅が丸餅なんですね。
で、こちらは東京ですから、お餅は四角い・・・。
まず、そこから違います^^;

で、お出汁はどういうものかといいますと・・・。
鶏の手羽元で31日のお昼前から2~3時間ひたすらだしをとります。
手羽元20本くらい使うかしら。
で、その煮詰まっただしを濾して、大きなお鍋ごと涼しいところに置いておきます。
濾して最後に鍋にいれるときに、お玉を使って、お玉で何回分の分量になっているかを数えるのがひそかなポイントです^^
その分量を3で割っておいて、お正月3日間の朝、お雑煮をつくるときに、お玉でその数だけ別鍋に取り分けるんですね~。
それにお水をたして、お雑煮用の鶏肉を入れて、うすあじをつけて・・・。
寿のなるとと、ちくわと、三つ葉と、青海苔と、焼いたお餅をいれるとできあがりです^^
最初の頃は鶏のおだしというのが不思議な感じでしたけど(実家はかつおだしなので)、これはこれで慣れると結構おいしいです^^

お正月料理もいろいろありますけど、
実家ではお重箱やその他いろいろな大皿に、ものすごくいろんな料理を並べて、お正月の3日間は朝から夜までそれを食べていました。(爆)
母は、それこそ3日くらい前から大忙しで、揚げ物や煮物やなにやら大変そうでしたけど、お正月になってしまえば、そんなに料理をしなくて済んだみたいですね。
でも、お嫁に来てみると、こちらの家ではお重箱に詰めるものは結構買ってきたものでよかったのですが(煮物以外は)、そのかわり夜のご馳走はその都度なにかしら作らなくてはならなくて。
まあ、いつもと違い、色とりどりのお刺身を並べるとか、カニを豪勢に出すとか、天麩羅を揚げるとか、どちらかというと大皿料理が多いので、その点では気楽かも・・・。
ド~ンと食卓に出して、食べたいだけ食べてね~みたいな感じですね^^

今年は煮物も、「くわい」がいい「くわい」だったらしく味良く仕上がって好評でした^^
売り切れやすいので、そういうときに中国産のくわいだったりすると、やっぱりだめなんですよね・・・。^^;
今年は私が働いてないこともあり、順調にお正月のお買い物ができたので、国産のよさそうなものをちゃんと買うことができました。
かずのこも、例年より早い段階で漬けはじめたので、うすあじがしっかりとしみこんだ美味しいものができあがりました^^
実家では、栗きんとんや田作りは私や姉の担当だったので、来年は黒豆を煮たり、そういうこともやってみようかな。。。などと思いつつ。

それにしても、お正月料理って、なにを食べたわけではないのに、お腹がとっても疲れてしまうのは、どうしてなんでしょう^^;
line
お正月も今日で3が日が終わります。
我が家は、義母がてきぱきしているので(決して私ではありません^^;)、もうすでにお重箱やお屠蘇セットは今朝のお雑煮が終わったあと、きれいに洗って干して片付けました。
お重箱とお屠蘇セットは、私の実家から結納返しとして贈られたもので、会津塗りの綺麗な漆器です。
洗うときも、それほど汚れていないので、やわらかいスポンジで気をつけながら洗えば、あっという間に汚れもとれます。
繊細な塗り物なので、汚れがこびりついてしまうと無理に取ろうと強く洗ったりして、塗りがはげてしまうことはよくありますが、我が家は私がお嫁に来てから15年間、本当に綺麗な状態を保っているな~と思います。
これはおそらく、義母から教わった「直接食べ物をお重箱に触れさせない」という教訓が息づいているからかな~と。とりあえず、お重箱に食品をおく前に、ラップを敷くんですね。
そのラップの上に食品をおくので、お重箱じたいはほとんど汚れないのです。
これはお重箱を長持ちさせるためには、すごく大事なポイントだと思いますので、まだ実践していない方は、是非試してみてくださいね^^

今年はネットの方に年賀状を出すのはかなり控えさせていただきました。
昨年「ゆーめーさんはどういう基準で(年賀状を)出していらっしゃるのですか?」という質問を受けたこともちょっとありましたし、何より今回は住所からすべてが手書きだったので、自分に余裕がなかったこともありました。
主人は「年賀状より何より息子の面接準備」と口癖のように言っていて、私が年賀状ばかり書いていたら本気で怒ってたし・・・。^^;
(でも、結局自分では一通も書かなかったのですが・・・。)
今回ネットのお友達で賀状を出したのは、私にとっていわゆる「先生」として慕う方たち・「こころいき」さん・「江戸川突歩」さんと、尊敬する江戸川オーナー・「江戸川半歩」さん、そして心優しい女性のお友達・「るおやん」さんの4名だけです。
申し訳ないのですが、ほかの方にはお返事もさしあげておりませんので、ご了解くださいませ。m(_ _)m
今年もこんな私ですが、よろしくお願いいたします。m(_ _)m(ふかぶか~)

more...

line
私の大好きな箱根駅伝ですが。。。
これまた私の大好きな昨年の優勝校・順天堂大学が、途中棄権という悲しい結果になり(それもゴール寸前で・・・)、呆然としてしまいました。
もちろん、明日の復路で復路優勝を狙うことは可能ですけれど、それでも襷がつながったことにはならないので、どんなに頑張っても来年のシード権を獲得することはできないんですよね。。。
足が痙攣したのか、疲労で動かなくなってしまったのか、詳しいことは知らないのですが、本人はなんとしても走り続けたかったでしょうし、監督も止める決断をするのは辛かったと思います。
でも、やはりそこで止めるしかないんですよね。。。
無理をすれば、今度は命にかかわりますから。
順大はこの悔しさをばねにして、明日の復路を頑張っていただきたいと、そして来年に向けて新たなスタートを切ってほしいと心から思います。

いっしょにお仕事してた同期のSさ~~ん♪
いつか、お正月いっしょに箱根に泊まって、生で箱根のゴールを見ましょうね^^
line
このブログを訪問してくださるすべてのみなさまへ~。

新年あけましておめでとうございます^^

これからも、ひたすらマイペースだと思いますけれど、心にうつりゆくよしなしごとをそこはか

となく書きつくっていきたいと思ってます^^

そして、みなさまの心が少しでもほんわかとあたたかくなっていただければ、幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

(年末年始はいつ入れるかわからないので、事前投稿させていただきました~ご了承くださいませm(_ _)m)
line
line

line
月と星と妖精ダストのブログパーツ
line
プロフィール

ゆめ

  • Author:ゆめ
  • ハンゲーム将棋弐と将棋倶楽部24、最近は将棋ウオーズにも出没している将棋大好きな主婦です。
    子供たちも大きくなって、息子は社会人2年目、娘は大学四年生です。
    ペットはミニチュアシュナウザーのセナ(メス)8歳です!
line
Wedding Anniversary

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カテゴリー
line
月別アーカイブ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line