長く続いた咳もかなりよくなってきて、気分も晴れやかになってきたので、12月の大掃除に向け、子供部屋のカーテンなどを洗い始めています。
それと同時に、「やっぱりやるしかないか~」という気合のもと、年賀状の試作品づくりを昨日はじめました。
これをやりだすと、大掃除しなければいけないはずなのに、部屋中がどんどん散らかってくる・・・^^;
千代紙の切れ端や、筆ペンや、スタンプなどが散乱してしまうんですね。。。
しかも一人で「あ~でもない」「こ~でもない」とぶつぶつつぶやきながら、ひたすら年賀状を作っている様子は、人には見せられないかも^^;
(ちなみに毎年使うものに関しては「年賀状セット」として大きな箱に収められています^^)
昨夜も王将戦の観戦をしながら、千代紙の切り貼りをしていました。
娘によると、
「子供受けはしないけど、大人受けはしそうだね~」とのこと。
・・・たしかにそうかも^^;

娘は娘で手書きでいろいろと書いていました。
(彼女の場合は20枚弱だそうです)
「ぜんぶ違うパターンで作ってる」らしいのですが、これって本人にはわかっても、もらった相手にはわからないことなんですよね。。。
(結構せつない・・・)
私も人によっていろいろと変えたときもあったのですが、その苦労は誰にもわかってもらえないんだな~というのがさびしかったです。。。
要するに自己満足の世界になっちゃうんですね。
う~ん・・・さすが親子・・・やること一緒なのね^^

今年私が書かなければならない年賀状は、ざっと200枚ほどでしょうか。
年々増えてきて(主人の会社関係)、しかもなぜか減らない・・・。
いちど出した人は基本的には出し続ける感じですね~。
会社関係って、いつまた同じところで仕事をするかわからない分、粗略にできないところがつらいです。。。^^;
しかも、「この人からは手書きの綺麗な年賀状が届くはず」と頭にインプットされてる人が多いらしくて。
どういうわけか実家の両親もそういうふうに思っていて、以前家族の写真つき年賀状を送ったら「手抜きをしないように」というクレームをもらいました。。。
たまには子供達がこんな感じになりました~って思い出してもらいたかっただけなんですけど・・・。^^;

ただ、毎年「今年はどういうふうにしよう」と思いつつも、結局パターン化されてしまっていて、実質あんまり変り映えはしないかも。
自分では「こういうのがいい」とイメージはあるのですが、なにしろ数が多いので結局そこまでこだわって作れないんですね。
12月は大掃除もあって、年賀状だけに精魂傾けるわけにもいかないし。

ただ今年は、パソコンがかなり古くなってしまったので、新しいパターンをダウンロードするのも一苦労で。それなら手書きしちゃったほうが早いかも~ということで、早めに取り掛かることにしました。
今30枚くらいできたかな~。
ひたすらコツコツと、平日は5~10枚くらい、休日は30枚くらい作るようにすれば、なんとか12月の半ば頃までには目途がつきそうかも^^

ネットのお友達にも何人か送らせていただきます^^
ちなみに、ネットのお友達から年賀状を送っていただくことは家庭の特殊な事情により辞退しておりますので、ご了承くださいませ。m(_ _)m
いつもパソコンのチャットでしか会話していないので、ネットのお友達にはできるだけ気合をいれて、綺麗な年賀状が届くように~と思っています。
みなさま、楽しみになさっていてくださいね^^
スポンサーサイト
line
将棋は勝負事ですから、勝ち負けはつきものです。
どちらかが勝ち、どちらが負けるわけです。
ただ、その勝ち方負け方にはいろいろあって、完勝・完敗もあれば惜敗もありますし、内容的には勝っていてもちょっとした緩手から相手に逆転されることもあります。
序盤・中盤どんなに優勢でも、終盤が弱いと逆転負けを喫することは多々あります。(私の場合、これはかなり多いです^^;)
そのほかにも、時間切れで負けることもありますし、反則負けもあります。
詰みではなくても、相手が投了すれば勝ちになります。。。

だれでも勝ちたいと思うものです。
私だって、勝ちたいと思ってます。
でも、それは自分の納得のいく内容で勝ったとき。
「どんな勝ち方でも勝ちは勝ち」という考え方ができないのが、私なのかもしれません。。。

昨夜、大事な対局がありました。
「江戸川王将戦」2回戦・・・6枚落ちで指させていただきました。
何回もいろいろな上手と練習しましたけど、6枚落ちというのはそれはそれでかなり特殊で、その場になってみないと上手の応手がどうなるかわかりません。そして、定跡を熟知しているからこそ、定跡をうまくはずしながら指されるだろうということは予測していました。

結果は、上手の投了で終わりました。
でも、その数手前から、私は負けを覚悟していました。なんども6枚落ちを指していましたから、「こういう感じだと本当は詰むはず」という感覚は体にしみついていて、そのときにどうしても読めなくて寄せ切れなかったため、これでは王様を逃がしてしまうだろうな~と。
6枚落ちは、きちんと寄せて詰むことができないと勝ったことにはならないと私は思っていますので、その時点で負けを覚悟しなければいけないこともわかっていました。
でも、結果は、上手が投了されました。。。
みんなが「内容ではなく、投了が優先だし、ルールはルールだから、夢さんの勝ちだよ」と言ってくれましたけれど、どうしても納得できない。。。
ぺんぎんさんに「再戦させてもらえませんか?」とたずねても、「夢さんがルールを曲げてはいけない」と一言・・・。
どうしても納得できないのに、どうしてもやりなおしできない・・・。

負けて悔しくて悲しくて、いままでもいっぱい泣いてきたけれど、
でも昨夜の対局は勝ったと思えないのに形だけ勝ってしまったから、もっともっと悲しくて。。。ボロボロ泣いていました。
でも。
今朝、突歩せんせいと24でお会いして、ひたすら説得されました。
上手が戦意喪失したということは、それで十分価値があるんです~と。
なにより、夢さんは自分で検討して自分で詰み筋を見つけているんだから、それを今後の対局に生かしてくださいと。
どんなに言っても再戦は無理なのだから過去を振り返らず、次の対局を堂々と戦えるように、これからみんなで特訓しましょう。もちろん私も協力します、と。^^

私がすこしでも勉強して成長できれば、投了してくださった上手にお礼になるのかな・・・。
今はそんなふうに思っています。

ところで、昨夜そのあと男さんと指しましたけど、男さんの言葉が好きだな~と思いました。^^
「まだ夢さんには勝たせないよ~。夢さんが勝つときは、序盤~終盤まで本当に完勝だって、自分で納得できる将棋を指したときにしてほしいから」
いつか本当に勝てるように、頑張りますね^^


line
今日、明日は会社をお休みしています。23日が祝日ですので3連休!
でも、本当はこんなところで連休したかったわけではありません^^;
たしかに体調があまりよくないので、その点では結果としてよかったのですが・・・。
じつは、息子が期末試験なのです!
今日・明日・そして祝日をはさんで24日の金曜日まで。
で、私は、息子の「逃亡防止のため」家にいます^^
試験期間中だと帰ってくるのが早いのですが、「○○くんの家で勉強する約束をした」とか言ってすぐに出て行こうとするんですね。。。
「試験一週間前を過ぎたら、友達と勉強するのはだめ」といってあるのですが、お友達に誘われるとすぐに「うん!」と言ってしまうんですね~。
おばあちゃんでは阻止できないため、中間&期末試験中は私はお仕事を休むことになっています・・・。^^;

ところで、最近「刺し子」にちょっと嵌っています^^
将棋を観戦してるときも手は針を動かしていたりして。。。
でも実はこれは息子の家庭科の宿題なんです・・・^^;;
期末試験終了後に提出しないといけないらしいのですが、模様はかなり複雑なのに、縁と真ん中あたりの斜めの線しかできてない・・・。
どうするんだろう・・・と素朴に疑問に思っていましたけど、さすがに先日私のところに持ってきました。^^;
「とりあえず、模様の色はどうでもいいから、お母さん仕上げて」とのこと^^;
これをやり始めると将棋できないよね~と思いつつ、どうせ最後は手伝わないと仕方がないのであれば、早いうちからもらっておくほうが気が楽だし・・・ということで、引き受けました。
編み物とかクロスステッチの刺繍などでも言えることですが、ただ刺すだけ~というような地道なお裁縫は結構好きです。^^
自分でも器用なほうではないと思いますけど、「根性と気合さえあればなんとかなる」ものについては、多少時間はかかるものの、結構まじめに取り組みます^^
で、娘が一言・・・。
「先生が見たら、どれがお兄ちゃんがやって、どれがママがやったか、一目でわかるよね~」だそうです^^;
ちゃんと提出すれば、点もらえるかなぁ。。。。。。^^;
line
先週の土曜日、学校行事のお手伝いで、大雨のなか2時間も立ちっぱなしのずぶぬれ状態で「校門の前でお客様のお出迎え」をやったうえに、翌日の午後は木枯らし一号が吹きすさぶ中、校庭開放当番で3時間も校庭の端に座っていたため、当たり前みたいですが風邪を引きました。。。><

熱はほとんどないのですが(ときどき夜に微熱がでます)、てきめんに喉にきています。
声がちょっと違うことと、たまにものすごく咳き込むことが特徴です。
そのため、「銀のベンザブロック」を飲んでいます^^
       ↓
  (結構効きました^^)

会社は行くと楽しいので(いつも元気をいっぱいもらってます^^)、お仕事には行っていました。今週は仕事量も少なく30分早帰りがつづいていたので、すごく嬉しかった^^
ネットでは、話す必要はなくチャットでの会話ですからその点ではなんの不自由もありませんでしたが、やはり将棋を指すとなると、普段使わない頭を使うので、体調のわるいときは思考能力がなくなるみたいですね^^;

食欲があまりなかったのですが、先日両親が林檎狩りに行って、やまほど林檎を持って帰ってきてくれたので、それをバクバク食べています^^
りんごはとっても美味しいです♪

それにしても、うちの夫は本当にやさしかったです^^
月曜日、私が主人が帰るまでベッドに横になっていたら、「食事の用意すんだら寝てていいから」と言ってくれました。「でも、後片付けあるし・・・」というと、「流しにもっていっておくくらいはできるから」とのこと。
じゃあ~と思って、先に休ませてもらいました。
明け方、ふと目覚めると、横に寝ているはずの主人がいないので、びっくり!部屋の中を見回すと、ソファに寝ていました。。。。
(私をゆっくり寝かせてあげようと思ってくれたみたいです。。。)
「ごめんね~疲れてるのに。。。」と叫んだら「大丈夫だよ~」と一言。
しかも、翌朝、私が台所に行くと、彼は自分のつかった食器を全部洗っておいてくれました。
もう、朝から涙が出そうなほど嬉しかった^^
さらに、その夜から2~3日、私が早めにゆっくり眠れるようにと、会社に泊まってくれました・・・。
ほんとうに、なんてやさしいんだろう~と、しみじみ思う今日この頃。。。
こういう旦那さまをもてて、私は本当に果報者だと思っています^^

風邪もあと一息かな・・・。早く咳がとれるといいんですけど。。。
王将戦の二回戦が始まります。
私は強敵・底さんに6枚落ちで挑みます^^
ひさびさの6枚で、かなり緊張してますけど、突歩せんせいに特訓してもらえるみたいなので、それだけですごく嬉しいです^^

line
将棋からちょっと離れて~。今日の仕事場での会話です^^

今日は、以前私たちの部署にいて、今はお向かいのセンターに配属換えになったNさんがお手伝いにお見えになっていました。
Nさんは、一ヶ月に一度こちらにお手伝いに来られます。
で、1ヶ月の間になにか変ったことがあったら、それを教えないといけないので、みんなで考えていました。
でも、この1ヵ月の間に、お仕事の面ではそんなに変ったことはなかったような・・・。

Nさん「ほんとうに、なんにもない?」
私 (ノートを見ながら・・・)「う~ん・・・。次長さんが変りました。^^;」
Nさん「それは知ってる!(笑)」(注)新しい次長さんはNさんの職場からこちらに配属替えになられました^^;
私「えっと~。うちの班長も替わりました!」
Nさん「そうなんだよね~それはさっき知ったよ~!(爆)」
私「あとは・・・。そうそう!つい最近、ファックスと不備通知が新しくなりました!^^」
Nさん(言葉にならず大爆笑)

今日はNさんがお隣にいらっしゃって、一日中、すごく楽しかったです^^
やっぱり会社はほんとうに楽しいな~っていつも思います^^
line
つぎは、10月の竜王戦対局です^^

10月に入って最初の対局(全体からみると8局め)は、私の大事な突歩せんせいとの初めての平手対局でした。
駒落ちは今まで何局もさしてきましたけれど、平手は初めて・・・。
はっきり言うと、最初から負けが決まっているような・・・^^;
しかも、突歩さんは今回の竜王戦はすべて振り飛車でいくと宣言なさっていらっしゃいましたから、当然相振りになります。。。
相振りか・・・と思うだけで、心が重くなりそうな^^;(私が普段練習相手に選んでいる方は、基本的に居飛車が多いので、相振りは本当に行き当たりばったりになってしまいます^^;)
ただ、力将棋といわれる相振りですけど、突歩さんはとても丁寧に指してくださいました。私を見て、私が攻めるように仕向けてくださいました。ある意味指導も入っていたのかも^^;
さいごは、とても美しい手を見ました。私の王様をはさむ91飛打ち・・・。あっと思った瞬間でした。
さすがは先生、ちょっとしたこちらの緩手を見逃さず、見事に詰んでしまわれましたけれど、私の心はまっすぐ盤面を見つめていられたと思っています^^

9局目は、絵瑠さんと指しました。絵瑠さんは、今回の竜王歩保持者です。
本当は絵瑠さんとは9月中に指しておきたかったのですが、急に1週間くらいお見えにならなくなるときがあって、こちらと時間の折り合いがうまくつきませんでした。
というわけで、この日になったのですが、予定では9時からだったのが、いつまで待っても来ない。。。^^;
さすがに11時近くになったので、いちどお部屋を出てロビーでちょっとボ~ッとしていたら、11時を過ぎてお見えになられました。
「今から指せますか?」との問いでしたので、ちょっと考えたのですが(すでに集中力が切れていたので^^;)、絵瑠さんと予定をあわせるのがむずかしそうな気がしたので、結局指していただくことにしました。
ただ・・・一つだけお願いを^^
「全力で指してください!」と~。
もし私がそういわなかったら、振り飛車の絵瑠さんでも、居飛車で指してくださったかもしれないし、振ったとしてもかなり甘く指してくださったと思います。私が傷つかないように、泣かないように、でも最後はきっちりご自分が勝つように^^
たしかにそれはそれで勉強になるのですが、2時間待ったあとにそれほど長時間の集中力が保てる自信もなく、それに私は絵瑠さんの「強い振り飛車」が好きでしたから、そのいちばん綺麗な振り飛車を心に刻みたいな~と思って、あえてお願いさせていただきました。
「え!?」と思われたみたいでしたけど、「本当にいいの?」ということで、本当に実践してくださいました^^
見事にボロボロでしたけど、とても嬉しかった^^

10局めは、13日の金曜日~という特別な日に、将秀歩さんと指しました。これはべつの記事にも書きましたけれど、この竜王戦一幸せな対局でした。^^
将秀歩さんのひろい心をつかまえるみたいな気持ちで、一生懸命全力で指しました。自玉を守る心をもう少ししっかりと持てば、もしかしたら~???
でも、勝負に「もし」はないんだとやっぱり思います^^
負けるのは私が弱いから。その一言に尽きます。
王様を守る気持ちと、あと一手であちらの王様も詰ませることができたという気持ち。その両方をうまくバランスをとっていかないと、勝てないのかもしれないですね^^

そして、これからの三局は、残念なことに勝ち負けのついてしまうポイント範囲内の対局となりました。
11局目は、智さんと~。
智さんはどういうふうに指すか全然わからないので、なんの対策もなく^^;ただ、自然に指そうと心に決めて、対局に臨みました。
ほんとうに夢中になって指していました。
あまりにも夢中になりすぎていて、敵がもうひとついることにまったく気づいていなくて・・・。
目の前の対局者のほかに、「時間」という敵がいることに。。。
途中までほんとうに自由に指せていました。駒がとても楽しそうに動いてくれました。
ぺんぎんさんは「あの王手飛車さえなかったらな~」とおっしゃったけれど、王手飛車をくらった瞬間よりも、もっと痛かったのは、その流れでものすごく働いていた銀をとられてしまったこと。そして、働くはずだった桂馬をとられてしまったこと・・・でした。飛車よりもっとずっと大事なものが、その対局にはあったんです。
王手飛車をかけられた自分がたしかにいけないのですが、勝負はもう少し前だったみたい。。。
優勢から勝勢になる瞬間~という形勢判断が必要だったみたいですね・・・。
時間切れで負けてしまったことは、ふか~い後悔でした。私の王様が泣いていました。駒落ちで上手に入玉されたときのような、悔やんでも悔やみきれない後悔でした。。。だから私はその棋譜からどうしても離れることができなくて、途中で形勢判断の説明をしながら眠ってしまった突歩さんのそばで、ずっとその棋譜を見つめながら夜を明かしました。
負けてもいい、さいごまで指したかった。。。

12局目は、上記のとおり徹夜してした私が、そのまま眠らずにお昼の一時から男さんと指すことにしていましたので、その対局です。
でも、男さんも1時間ほど遅れてこられて・・・。
(事前にわかっていたら、その1時間寝てたのに^^;)
やっぱり眠っていない対局はどうしようもなかったです^^
ただでさえ男さんには全然勝てないのに。。。
見事に、序盤・中盤・終盤で完全勝利をおさめられてしまいました^^;
観戦していらっしゃったぺんぎんさんが「男さん、相変わらず見事な寄せだね~」と感嘆していらっしゃったほどです^^
・・・まあ、いいけど^^
男さんと指すのは、それだけでとても楽しいので、私はそれで十分でした^^

最後に残していたのは、静さんとの対局です。
10/29(日)の夜、静さんを見つけて指していただくことができました。
いつも練習していたのに、私が「いちばん最後に~」と勝手に決めていたため、静さんと指すのがとても遅くなってしまい、かえってご迷惑をかけてしまったことを深く反省しています。ごめんなさい。m(_ _)m
最近静さんが私相手によく指す鳥刺し。。。なんども検討して攻略法を考えていたのですが、結局うまい手は見つかっておらず、ただ一点だけを心に決めて指していました。
「純粋な美濃囲いで指そう!」と・・・。
高美濃でもなく、銀冠でもなく、低い体勢の美濃囲いがいちばん合っているような気がして。
そして、それはおそらく正解だったようです^^
いっぱい悪手はあったと思うのですが、私の駒はとりあえず相手の陣に向かって進んでいきましたし、龍も馬もできました。
ただ終盤に入って、やはり時間がまったくなくなって、結局考えきれずに指す手ばかりになってしまい、そこが明暗の分かれ目だったかな。。。
詰みそうだけど、詰まない^^;
まったく読めない^^;
さいごは、75にうったつもりの桂馬が、なぜか55に打っていて、その瞬間終わったな~と^^
駒をいっぱい渡してしまっていましたから、あとは静さんが詰むだけになってしまいました。。。
まだ勝てないです。
でも、勝てないけど、一年前よりずっと勝負にはなっていたと、そう思えただけで嬉しかった^^
いつも私の練習相手を引き受けてくださる人だから、だからこそ少しでも勝負になるように、少しでも将棋になっているようにと思って、一生懸命指しました。

勝ち負けより、ずっと大事なものをたくさん得たくて、そして本当に得ることができて、この2ヶ月の竜王戦はどの対局も本当に感謝しています^^
みなさま、ありがとうございました。m(_ _)m
「一年前より格段に上達してますよ~」と突歩せんせいがおっしゃってくださった言葉を信じて(^^)、これからも勉強頑張ります^^
ただ、攻歩さんがいつもおっしゃるように、「知らない人とたくさん指しなさい」という言葉には従えないかも。。。^^;
やっぱり相手の心が見たいから、心のなかをいっぱい見せてほしいから、きっと私は将棋を指すのが好きなので、たとえ負け続けても知ってる人と指していくほうがいいな。。。あは^^
line
10月末日をもちまして、無事に今期の竜王戦が終了いたしました^^
みなさま、本当にお疲れさまでした。m(_ _)m
というわけで、自分の対局を振り返ってみたいと思います。

第一局めは、躍歩さんと指させていただきました。
江戸川屈指の強さをおもちの正当なつよい居飛車・・・。「夢さんは、序盤の形にこだわりすぎかも」という指摘をうけて、たしかにそうだな~としみじみ・・・。ただ、弱い者にとっては「形」しか頼るものがないのも事実で・・・。躍さんの強さをしみじみと感じた一局でした。

2局目は、高速スピードで対局消化なさっていた攻歩さんと指しました。
攻歩さんの対局はほとんど毎日といっていいくらい見ていたのに、指したのはこのときが初めてでした。
変則右四間・・・。ほんとうに楽しかったです^^
そして、強さというより、やさしさをいっぱい感じた対局でした。
パソコンの向こうにいる攻歩さんが一生懸命キャッチボールしてくれているようなそんな感じ・・・。
それは決して甘く指したとかそういうことではなくて、応援してくれている心が伝わってくるんです。攻歩さんはこんなにやさしい人なんだわ~と、つくづく感激しました。^^

3局目は、楓華さんと^^
じつは130手を越えました・・・。
ただ・・・。楓華さん、飲んでいらっしゃったので、まあ実力ではないんだろうな~と^^
95角の筋を狙うというかなり無鉄砲な将棋になりましたけど、妙に変ったことをやりたい気持ちになってしまったので^^;
これはこれで、「負けて悔いなし」でした。

同じ夜、琉歩さんと指させていただきました。
基本的には連戦はしないのですが、琉さんにはなかなか会えない可能性が高かったことと、琉さんとは四間ではなくてべつの指し方で指そうとかねてより思っていたので、あえてお願いしました。
結果としては「別の指し方」にまだ慣れてない状態だったのに、琉さんが相振りを挑んでこられたので、見事にボロボロになってしまい、50手もいかずに完敗しました^^;
慣れないことをするとこういう目に遭うんだな~と、しみじみ。。。

5局目は、約一ヶ月もの間、音信不通になってしまっていた茶柱さんを偶然見つけて(またアメリカに戻った途端に、回線が不通になってしまったらしいです^^;)「今しかない」の一念で指していただきました。^^
久々に指す茶柱さんでしたけど、さすがに私相手ではとてもお強かったです^^

6局目は底さんと指させていただきました^^
日曜日の夕方だったので、観戦は攻歩さんと名歩さんのお二人で。
そして、この対局が、私にとって竜王戦のすべてだったかもしれません。
序盤のある一手で、すべて決まったしまった対局でした。
普通なら間違えないはずなのに、どうしてこんなところで間違えてしまったんだろうと、そして底さんに申し訳なかったと、対局が終わってからずっと泣いていました。
でも、あとからそれが「当然のミス」だとわかります。私はおそらく初手で気持ちが負けてしまっていて、そのときの自分の心とずっと戦っていたのかもしれません。
そのことに気づかせてもらえたのが、2日後に指した7局めの名歩さんとの対局でした。
いつもはやさしく対居飛車の急戦などの練習につきあってくださる名歩さんでしたので、今回もそういうふうに考えていましたけど、王様は11へ・・・。
「どうして私相手に、穴熊なんだろう?」という素朴な疑問をもちながら指していました。
そして、決して緩めない鋭い攻めを見て、名歩さんが穴熊になさった理由がわかりました。「自分がいちばん自信のある囲いだから。いちばん得意戦法だから・・・。」
その瞬間、なにが自分の心のなかにわだかまっていたのか、何がとてもつらかったのか、全部わかって、そしてすべてが溶けていきました。。。
ほんとうにあっという間に終わってしまったような対局でしたけど、私はすごくすごく幸せでした^^
どんなに負けても、全力で指すことがいかに大切か、改めて学ばせていただきました。

9月は以上7局の対局を無事に終わらせました。^^
(つぎにつづく)


line
一年って早いな~とおもう今日この頃です・・・。
だって、もう11月です。
11月といえば、あの「年賀はがき」が発売されるではありませんか!!!
年賀状って、毎年頭を痛める最大の難敵です!
じつは私、ず~~っと長い間、手書きだったのです。
しかも、隅々に千代紙を切り貼りして、見た人が「今年もこれをもらって嬉しいな~」と思う年賀状を目指し、毎年頑張っていました。
でも。
どうも住所を書くのが好きではなくて^^;
しかも、自分の住所と名前を書くのが苦手で・・・。
結婚してからは、主人と私の名前が入ったゴム印を作って、それを主人に押してもらっていたのですが、それさえどうも好きではなくて・・・。
というわけで、パソコンを購入してからは住所に関してはパソコン印刷しています。
ただ・・・。
やっぱりなかは手書きのほうが喜ばれるので、できるだけ手書きにしようかな~でも、そうすると疲れるし~とか、いろいろ悩むんですよね^^;
そうやって気づくと11月が過ぎ、12月になると大掃除がやってきて、あっという間に年末に。。。
年賀状はなし崩しに適当な選択をされ、毎年納得のいかない年賀状を送ることになってしまいます。。。
なにしろ、(ほとんど主人の会社関係が主ですが)180枚以上書かないといけないので^^;
というわけで、今年は早めに年賀状に取り組んでみようかな~と、「いまのところは」思っています^^

それにしても、もうひとつ「一年は早いね~」と思ったこと。。。
今年もまた、中学の指名委員さんから丁寧なご連絡が来まして・・・^^;
「ゆーめーさん、来年のPTA役員候補に多数の推薦受けてます~」だそうです^^;
去年、必死の思いで断ったんですけどね。。。
もう一年経ってしまったのね~としみじみ・・・。
これから、また、大変な日々が始まりそうです^^;
line
line

line
月と星と妖精ダストのブログパーツ
line
プロフィール

ゆめ

  • Author:ゆめ
  • ハンゲーム将棋弐と将棋倶楽部24、最近は将棋ウオーズにも出没している将棋大好きな主婦です。
    子供たちも大きくなって、息子は社会人2年目、娘は大学四年生です。
    ペットはミニチュアシュナウザーのセナ(メス)8歳です!
line
Wedding Anniversary

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カテゴリー
line
月別アーカイブ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line