今朝ブログを見てみたら上記の書き込みがされていた。しかも今の記事のところじゃなく過去の記事のところに・・・。
 目立たないように書き込みする当たりかなりの「小心者」と思われる。

 目障りだから消しても良いのだが、確かに最近の「江戸川サークル」は評判が悪いようだ。一部の変人が「ギャーギャー」ロビーで騒いで江戸川の悪口を言っていたこともあったが、それ以外にも評判の悪さを目にすることが...
江戸川サークルについて




と金さんのブログからトラックバックさせていただきました。
この荒らしの方が何をおっしゃってもそれはいいのですが。。。
返信ではあまりにも長くなりそうだったので、ここで書かせていただこうと思いました。
問題は江戸川~ということですね。。。

まず、あまりにもひどい暴言や問題行動があった場合は、状況を委員会メンバーが調査したうえで、場合によってはサークル追放或いは、名簿からの除名処分になります。

もちろん暴言その他問題行動がまったくないとは言いません。
その都度、私たちは状況を調査した上で、対応策に追われています。
そして、問題行動を起こしそうな人も、把握しているつもりです。

ただ、暴言その他でも、意味のある場合もあります。
私は基本的には、たとえ相手が荒らしさんであっても暴言は吐かないでほしいという立場をとっていますが、自分だけでなく周囲の人の尊厳を傷つけられたりしたときに、ネットという場面ではどうしても暴言がでてきてしまいます。悲しいことですが・・・。

ですから、一方的に「江戸川の暴言」とひとまとめにはしていただきたくないのです。
ましてや、そういう対象になっているのは、ごく一部の方になりますので、江戸川すべてをひとくくりになさると、今一生懸命活動しているまじめな若者たちの心を傷つけることになります。

昨夜も、私は或る方との話し合いを2時間半以上もひたすらつづけました。
江戸川を守るため、そして、ロビーを守るため、その一念です。
暴言は許せないからと、私からではなく当事者からの謝罪を求められましたけれど、その場合の暴言には意味があったので、「今後きちんとした方針で、基本的に追放はしないから」という意思表示を一貫してつらぬいて、休戦状態に持ち込むことができました。
ロビーの平和を守ることは、江戸川の名誉を守ることにつながりますから、
私は何を言われても決して怒らないと心に決めて、その方に接しました。私が怒れば、彼に攻められますから、江戸川という自陣を守るために最善の囲いで身を守りました。

将棋を勉強するには、そんなことは必要ないはずなのです。
でも、「みんなで楽しく」将棋を指したり観戦したりしたいから、私はこうして江戸川のためになんでもします。

もう少し、江戸川を見てやっていただけませんか?
昔と違うのは当然です。
5オーナーがほとんどお見えにならない以上、以前と違う部分が出てきても致し方ないはずです。
委員会のメンバーにしても、サークル設立に携わった人とは少し違うかもしれません。それでも、江戸川のために、自分の時間を割いて委員会活動をしてくださっています。
私を含め、みんな暇をもてあましているわけではありません。
委員会活動をするよりも、将棋の勉強がしたいのです。
それでも江戸川をよくしたいという一念で、動いてくださっています。

人はいろいろですから、一人一人鎖をつけて見ているわけにはいきません。
江戸川の場合は、江戸川IDということでより目立つことになりますから、その意識を高めてもらうしかないのではないでしょうか。

私は江戸川の母として精一杯やっていますけれど、私のように棋力のない者の言うことは所詮だれも聞かないかもしれません。
子供達は好きな方向を向くのかもしれません。
でも、江戸川を守りたいですから、父親としてしっかり締めてくださる方を、そういう存在を待っています。

オーナー不在の今、ちょっとしたことで不安定な江戸川です。
地盤が弱いところに建つ家みたいなものです^^;
もう少し、江戸川に干渉していただけませんか?
悪いところもあるかもしれませんけれど、いいところもたくさんあります。
と金さんが来てくださるだけで、雰囲気はまた違って盛り上がると思いますけれど、いかがでしょう?

スポンサーサイト
line
久々に日記のような話題です^^

金曜日の夜~土曜日の朝にかけて、徹夜してしまいました。。。^^;
この1週間、主人がずっとまめにかえってきてくれていたので、将棋も指さずひたすら観戦に徹していたのですが、金曜日の夜は突然帰らないことになり、メールで連絡があったので、それなら~と思い、「男さん、遊べますよ~」と男歩さんと指していました^^
久々に指したので、全然感覚がつかめず、ボコボコにされていましたけど。。。^^;

で、そのあと、私と男さんが指してる~ということで、「或る方」がお見えになられたんですね。。。
で、そのことについて、ぺんぎんさんと男さんと三人で「ああでもない、こうでもない~」と話していて、気づいたら5時。。。^^;;

5時って、なんなんだ~~~~!!!

と、自分で思ってしまいました^^;
起きるのは休みの日なので7時過ぎでいいのですが、今から寝たらお寝坊する確率は80%。。。
というわけで、男さんとそのまま起きることにして、もう一局指しました^^;(・・・おいおい^^;)
頭が回ってないので、わけのわからない対局でしたけど、なんだかすごく楽しかった^^

そのまま土曜日は、眠ることなくず~~~っと起きてたので、主人が夜の11時前に帰ってきて寝たのが12時。。。
42時間起きてたことになりますね。。。(学生時代でもそんなこと、やったことなかった^^;)
一日中、頭がずっとボ~~~っとしてました。(爆)
やっぱり睡眠は大事です^^
みなさま、有名なあるサイトに書いてありますが、
「健康のため、指しすぎに注意しましょう!」です^^

そして・・・。
今日は満5年使った携帯をとうとう買い換えました^^
今度はピンクです~♪
まだ使い方がよくわかってなくて、マニュアルを読んでるところです~。
ちょっとわくわくしてます^^
5年前はカメラつきが出はじめだったので、カメラなしを選んだのですが、今はカメラつきは当たり前ですから^^;
テレビを見られるのもあるんですね~そういうのはいらないので、ナビができるものということで選びました。
子供が携帯をもったら、場所確認ができます^^

しばらくは詰め将棋の本ではなくて、携帯のマニュアルを持ち歩くことになりそうです~♪^^
line
私が昨年書いた詩を、あることがきっかけでブログに載せたのですが、それが思いも寄らない風に波紋をひろげてしまったようで。。。
結局、私がなぜその詩を載せることにしたのか、そのあたりに含みをもたせてしまったせいかな~と思います。というわけで、↓のレスにも少し書いたのですが、少し補足させていただくことにしました。^^

私の心境が変ったのは、いつか子供の目に触れる日が来るかもしれないと思ったからです。
当時は、すがたを見るわけでもなかったきょうだいよりも、目の前に現実に居る母親の命のほうが大事だったし、そのことを受け入れてくれました。
でも。
成長していく過程で、いろいろな知識を得て、世の中というものを少し知るようになって、それがある日ふとつぶやいた「結局、お母さんはぼくのきょうだいを殺したんだよね?」という独り言のような何気ない言葉になったのだと思います。
命は大事だと日頃からさんざん言っている母親が、では自分は何をしたかと言えば、生まれ来ない赤ちゃんの命を奪って、自分は生きてるんじゃないか~。
ただその事実だけを見つめたとき、それは彼にとってはおそらく衝撃のようなものだったでしょうし、ある意味、素朴に不思議だったかもしれません。
逆に、「お母さんはどんな言い訳をするんだろう?」という気持ちもあったかもしれません。
私は無防備なときに不意をつかれたその言葉に、本当に言葉を失いましたけれど。
そして・・・。
一呼吸おいたあとに、こういいました。
「そうだね」
彼は私がどういういいわけをするかを待っていたようで、だからこそ、私がそれを認めたことに対して、逆に「ふ~ん」というような曖昧な反応になってしまいました^^;

普段はそんなことにいつも思い悩んでいる必要はないと思っています。
そんなことばかり考えている時間もありませんし^^;
私は日常のいろんなことに向き合いながら、へらへらと笑って、子供の行儀をしかって、自分はおばあちゃんにしかられながら、それでも普通に生きていればいいと思っています。
でも。
心のなかに、いつも必ずあるその気持ちを、決して忘れないでいることが、逆に私の生きる支えにもなっています。
私が私を許さないこと。
どんな理由があろうとも、人の命を断ってはいけないのです。
それをした人間は、そこにどんな正当性をもっていようとも、一生その罪を背負っていかなくてはならない。
私がそのことを自覚していることこそが、子供達に何が大事かを教える一番の道だと思っています。

例えば、誰かを殺したいほど憎いと思うようなとき。
殺人は罪だからとか、生命は大事だからとか、そういう一般的な言葉では納得させられない。
理性を超えた感情が支配してしまっている。
そういうときに、私はこう言わなければいけない。
「あなたは、自分の中にその罪を一生背負っていけますか?」と。
社会が裁かなくても、自分が自分を許せなくなることに、そのことに立ち向かっていけますか?と・・・。
誰かを殺めたときに、おそらくその人の心も死んでしまうのです。
(普通の精神状態ならば~ということですが)
その感情とこれから先の長い時間、向き合っていけるのかどうか。

それは、私だからたずねることのできる言葉のはずだから。

もちろん、私と同じ選択をした人すべてに同じように考えてほしいとは思っていません。
私はお腹の赤ちゃんを産むのを諦めて、自分が生きる道を選びましたけれど、その選択をしたときに、そのことについて真剣に向き合った上で、自分はそういう道を歩いていこう~と決めただけです。
百人百様の考え方があります。
生き方も当然違います。
でも、そのときに出した結論は、その人が一生懸命考えた末に導き出したものであるならば、どれも尊いと私は思います。
私の場合、そのための副産物のようなものがついてきてしまって(^^;)、ある一定期間の間は深い闇を見つめることになりますが・・・^^;;
ちょうど6月の末から7月いっぱいにかけて~ですね。
ちょうどお腹に宿った赤ちゃんを自覚して、二人分生きていたときです。
自分の心の淵を見るような、そして自分を本当にとことん許せなくなるようなそんな夜がつづきます。
でも、そうして自分を見つめなおすその時間は、とてもつらいけれど、わたしには必要な時間なのだろうとも思います。
私が信じるとおりに生きていくために。
いちばん愛するものを見つめなおすために。

私は頑固なので、私がこうと決めたら誰にも止められないのですが、
こんな私でもよろしければ、これからもおつきあいくださいますように^^
どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m



more...

line
     「一人の夜に・・・」

なぜかさびしくて
心がとてもさびしくて
眠れない夜がある・・・

今は一年で一番苦しい時期
いつも心が過去を振り返ろうとする
前を向いて歩いているはずなのに
ふとしたことで
思い悩む自分がいる

「頑張って」
どこかで誰かがささやいてくれる
頑張ってるよ~と私は答える

でも、心はなかなか戻れなくて
思い惑ったまま
時はそこで止まったまま

会いたくて
会いたくて
会いたくて
でも、どうしても会えない

まだ苦しい
まだ癒せない心
こんなに時間が経っているのに
私はまだ自分を許していない
自分だけは許せない
そのことを思い知るとき・・・

たくさんの人と笑っていても
どこかでそれを見つめているもう一人の私がいる
その目はとても冷ややかで
その自分の目が怖くて
他の人にはやさしくできてしまうのかもしれない。

一人になるのがとても怖くて
夜の闇を恐れている
一人になりたくなくて
今日も私は笑顔を振りまいている

でも、もう一人の私が私にささやいている。
「あなただけは許せない」と・・・。
夜の闇だけが、それを知っている。



☆           ☆           ☆

う~ん^^;
じつは一年前に書いた詩をすこし手直ししました。
同じ心境の時期に入るからです。。。
一年前はこれをアップできなかった^^;
暗すぎますから。。。
でも、自分の心の底をのぞいてしまうようなそういう時期にこれから入るので、自分を叱咤するために、あえてアップしようかな~と思いました。

不思議な心境の変化ですね^^
line
たまには将棋の話題を・・・。^^
まず「名人戦」!(お~、高度だ~♪)
谷川先生が勝たれて、2勝3敗になりました。
なんとかこのまま勝ち続けていただきたいと、久保&谷川ファンの私としては思ってます^^
谷川先生が「谷川九段」と呼ばれるのはなんとなく違和感があって・・・。
頑張ってください!!!

ネットの方に戻りますと、今は「江戸川」で団体戦を行っています。
「第一回江戸川団体戦」です^^
第一回ということは、第二回以降があるのだろうか・・・という素朴な疑問を残しつつ、桂馬歩さんが「江戸川戦線」というとても素敵なHPを作ってくださったので、勝敗の結果がすごくわかりやすくなりました。
とっても感謝しております^^

団体戦といっても、リレー将棋ではなく、3人一組になって、各チームとも対戦相手が変るごとに「先鋒」「中堅」「大将」を決めて、審査委員長にメンバー表を提出します。委員長はそれを参考にして、対戦相手を掲示板発表します。
対局は2週間以内に指定された相手と一局指します。
その勝敗結果によって、勝利チームが決まります。
18人エントリーしているので6組あるわけですから、各チームとも5回対局すれば終了となり、最終的に勝率の一番いいチームが優勝です^^

順位戦とは一味違って、自分の勝敗も当然大事ですが、他の二人の結果も重要ですから、そういう意味では仲間意識もかなり出てきて、なかなかいいムードです^^
最初委員会で企画したときは、「どうかな~」とちょっと不安な部分があったのですが、今のところ(二回戦で一局未消化が出てしまったものの)いい感じで対局が進んでいるようです。

ただ、掲示板で対局連絡をとりあってください~と呼びかけても、掲示板をのぞくことをなかなかしなかったりということがありますので、掲示板にメンバー表を掲載したあと、同じ内容をミニメで参加者に送ることにしました。
これはかなり効果があったらしく、参加者にも好評です^^
(担当しているのは、審査委員長~またの名を雑用係~の私です^^;)
時間的な制約が多いので、ちょっと大変なときもありますが、今のところなんとか雑用をこなせているので、こういう参加の仕方もありかな~と、自分では勝手に思ってます^^

このまま順当にいけば、7月いっぱいで団体戦は終了し、そのあとはまた順位戦になります。
順位戦は、「☆江戸川☆」サークルに参加している人でやりますから、6月の委員会ではそろそろその準備の話し合いがもたれるはずです。
4月も5月も月に2回委員会があったので、日程調整に走り回ってばかりいました(爆)。
荒らし対策など議題は豊富にありますが、今月はなんとか一回で委員会を済ませたいな~と思っています。^^

雑用に追われていると、なかなか将棋を指せないのですが、
それでもたまに、静歩さんや(世界一周から帰ってきた??)男歩さんと平手を練習させてもらっていますし、ぺんぎんさんや茶柱さんは二枚落ちでご指導くださいますので、恵まれているかもしれません^^
雑用が多ければ多いほど、「指したいな~」と思う気持ちは、片想いみたいにふくらむので、見かけたら声をかけてくださると嬉しいです^^




line
なんだか「さびしい」という気持ちの記事ばかり続いていますけれど、
今回もそういう話です。。。^^;

今週の月曜日、私の会社のお友達が一人退職されました。。。><
すご~~~く仕事ができて、やさしくて、しっかりしていて、素敵なお母さんで、しかもどんな話題にもちゃんと対応できて・・・。
本当にとってもいい方だったのですが(同期でした~)、ご家庭の事情でどうしてもやめなければいけなくなってしまって・・・。

一月ほど会社を休んでいらっしゃったのですが、やっぱり「どうしようもないみたいだから」ということで、退職を決められたそうです。
月曜日の朝、なぜか私は、娘の部屋を掃除しながら、突然、
「あ!Tさんがやめちゃうかもしれない~」と思っていました。。。

どうもいろんな人が私にメールを送ろうかどうしようか考えていたときだったらしく、なにか波長があっちゃったみたいで、ビビビっと来てしまいました。。。
なので、会社に行って、「Tさんがやめちゃうのよ」と言われたとき、思わず「やっぱりそうなの?」と言ってしまったほどです。。。
(証人・にゃんちゅうさん^^)
その日は、本当にさびしくて、でも突然のことでなんにもしてあげられないのはもっとさびしいので、お昼休みにお友達の了解をとりつけて、駅前のお花やさんまで走っていって、アレンジメントのお花を作っていただきました。
最後にみんなで渡すことができて、とってもよかったです^^

彼女のほうからは、同期一人ずつにミニタオルをプレゼントしてくれました。
私のは、とってもかわいいトトロのタオルだったのですが、
みんなそれぞれに違ったものを選んでくれていたらしく、私のを見て、みんなが「可愛い~♪」と。。。
赤くて、まわりにフリルもついていて、本当に可愛いタオルだったのですが、こんなに反響があるとも思わなかったので、そのことがとっても笑えました^^

でも、Tさんがいないのは本当にさびしいです。。。
ご自分の体調も無理なさらないようにして、ご家族のために頑張っていただきたいと思っています。
ず~~~~~っとお友達ですからね^^
line
line

line
月と星と妖精ダストのブログパーツ
line
プロフィール

ゆめ

  • Author:ゆめ
  • ハンゲーム将棋弐と将棋倶楽部24、最近は将棋ウオーズにも出没している将棋大好きな主婦です。
    子供たちも大きくなって、息子は社会人2年目、娘は大学四年生です。
    ペットはミニチュアシュナウザーのセナ(メス)8歳です!
line
Wedding Anniversary

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カテゴリー
line
月別アーカイブ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line