最近、明け方に大雨が降るのかも・・・。
廊下に続く扉を少し開けておいたら、廊下の天窓にたたきつける雨の音で目が覚めました。
あんまり雨がひどいと、電車が遅れるんですよね~(どんな電車なんだ・・・都内を走っているとは思えない^^;)。今日は月末なので、遅れるのは避けたいのですが・・・。

昨夜は、江戸川で久しぶりに「江戸川一歩」さんのお姿を見つけました。もっとも、別のIDを使っていらっしゃいましたけど、そんなことは問題ではなく、一歩さんがいらっしゃることが大事です。お元気になられたことがとても嬉しいです。一歩さんあっての江戸川ですから^^
と金さんも、一歩さんがいらっしゃれば、対局相手に困らないのでは?^^

次に別のお部屋に移ったら、今度は筑豊魂さんに似たIDの方が2人ほどいらっしゃって、笑わせていただきました。
でも、似たIDで悪いことをしてはいけませんよ^^

最近、以前好きだったアニメの主題歌CDをよく聴いています。
今はなんといっても「テニスの王子様」です^^
今年の3月でアニメは終わってしまったんですけどね~。原作はまだまだ続いています^^
原作が好きなのですが、アニメも秀逸でした。主題歌もすごく良かった~♪
歌詞を少し書いても、著作権に触れないかしら~と心配しつつ・・・。

      
       「future」
   ♪まだ見ぬ世界へ限界を越えていきたい
   体中でこの夢があふれだすまま
   新しい時代を映す 鮮やかな朝陽のように
   強い輝きで咲いた思いを胸に~♪

       「Driving Myself」
   ♪夢は激しさを増して生まれ来る
    鮮やかな夜明けの向こう Don`t be afraid of change
どんな明日も探していくちからをこの胸に感じていたい
    思いのままに driving myself♪


サビの部分だけ少し紹介させてくださいね^^
ものすごく力強くて、前向きなんです。
私は本当に大ファンだったので、歌が流れると、そのオープニングシーンが頭に浮かんでしまいます。
ここは菊ちゃんが回転してた~とか、ここで手塚部長のアップだった~とか。^^;
そうして、大好きな大好きな不二周助くんの姿を思い出して、タメイキがでます・・。
あ~~あ、なんで終わっちゃったかな~^^;
ま、いいか。今日は月末で、あまりにも目と神経を使う日ですからどうせ将棋はできないし、帰ったら久々に「テニスの王子様」の原作に浸ってみようかな^^大好きな不二くんの笑顔を堪能しましょう♪

more...

スポンサーサイト
line
暑いですね~♪
昨日、娘の小学校が開校記念日だったのでおつきあいで会社を休み、今日は、息子が生まれてはじめての期末試験の最初の日なので、とりあえず休んだので、今回は4連休です~♪
4日も休むと、これが当たり前の生活のような感覚になって、なんとなく会社に行くのが面倒な気もします。。。^^;;

さて、昨夜は私が「江戸川一の上手」とひそかに思っている素晴らしい上手・江戸川突歩さんと4枚落ちを練習しました。
これはもう勝ち負けではなくて、二歩突っ切り定跡の練習です^^
一生懸命指して、そのあとは検討画面を見ながら序盤からの復習で、途中こういう手の方がいいですよ~という指導を受けました。
11時前から指し始めて、1時間くらいで終わって、そのあと1時間以上感想戦をしていただきました。^^

突歩さんが素晴らしい上手だということを発見したのは、ooga013さんとの2枚落ちを見たときです。
彼女は平手でももちろん指せる人ですけれど、そのとき突歩さんが「誰か駒落ちしましょう~♪」と入ったんですね。で、ooga013さんが相手になったわけです。
2枚落ちは、平手で十分指せる人であっても、下手をもってかなりむずかしい駒落ちだと言われています。
ですが、彼女は駒落ちの定跡ではなくて(ご存じなかったみたいです)自分なりにまっすぐに指していらっしゃいました。とても好感のもてる下手でした^^
で、その下手に対して、上手は一手一手進む道を見極めて、とても美しいんですね~。特に終盤、彼女が必死でなりふり構わず王様に向けて突進していったときに、その逃げ方がとても素晴らしかった。。。
結局、上手の勝利となりました!
そのとき確信しました。
絶対にこの人は、すべての上手をこなせる人だわ~と。^^

師匠になかなか最近は会えませんので(私と微妙に時間がずれるようです・・・うるうるうる。)、穴さまと突歩さんはすごく貴重な上手だな~と思います。
心を全部預けて、ただひたすらこれからも勉強していきたいと思います。^^
そうして、4枚落ちだけでなく、2枚落ちでも二歩突っ切り定跡で勝てるようになりたいな~♪
とりあえずレベルアップするたびに常に言ってることですが、「打倒・尾瀬さん!」です。4枚落ちを極められたら、ぜひ勝負してくださいね^^

line
先ほどの記事にいただいたコメントのなかで、シュネガ~さんからこういう質問を受けました。
「ゆーめーさんは、前世・来世を信じますか?そして、来世があるとしたら、どういう女性として(男性でもいいですけど)生きていきたいですか?」と。。。ブログさんのお題~というわけではないですけど(^^)、今日はこれを題材にして記事を書きたいと思います。
(早く書かないと、江戸川で突歩さんが待っていらっしゃるかも・・・汗^^;)

まず。
信じるかどうかと尋ねられたら、即答で「信じます」と答えます。
実際、私の書くお話の中にも、前世の因縁とか来世への思いとか出てくるんですよね~。
(ちなみに、童話ではありません^^;)
これは、いずれ「お気に入りの一冊」のカテゴリで必ず登場することになるある物語にも関連するのですが、やっぱり前世から引き続いたものってあるはずなのです。
既視観(デジャヴ)などはその大きなものとして表されますし、また夢もそうですよね~。自分とはかかわりがないような不思議な夢~でも、どうしても懐かしくて、しかもよく見てしまうような夢。
私にも一つあります。。。
今はさすがに見ませんけれど、子供の頃、ちょっとした拍子によく見ました。。。

広い草原のような場所で、黒い長い服を着た女性が子供の私と遊んでいます。でも、しばらくすると私を思いきり抱きしめて何度も何度も振り返りながら、霧の中に消えていくのです。すごく悲しくて、一生懸命に追いかけるのに追いつけない・・・そして、子供の私はそれが「お母さん」だと知っているのです。とてもきれいなその女性が自分の母だと知っているけれど、でも今現在の母とは全く違う人。もちろん、私は両親の本当の娘ですし、そのことを疑ったこともないのに、その夢の中ではその女性の娘なんですね。。。

大学生くらいになって、それがもしかしたら「前世の記憶」のようなものかもしれないと、心理学の授業を受けながら理解していきました。
その夢と決別するために書いた童話もあります^^

でも、前世にしばられてはいけないのではないかと私自身は思っています。どんなにすてきな前世だっとしても、今現在生きている自分自身を大事にすることこそが大切なのであって、前世の定めを思い出した結果、今の自分の生活が乱されるのであればそれはいいこととは思えないんですよね。。。

私の高校時代からの親友が数年前に離婚したのですが、そのときご主人だった方には別の女性がいたのですが、彼曰く「その人は前世から定められた女性だ~」ということらしくて^^;;
聞いた瞬間、思わず「あ、そう。。」と冷たく返してしまいました・・・^^;
二人も子供がいるのに、前世からの定めも何もありません!
そういうのはロマンでもなにもなく、ただのエゴイズムだと散々言ってしまいました。。。

だから、私はこの世になんの未練ももたないように生きていきたいと常に思っています。
主人のことは大好きですけれど、「生まれ変わっても一緒になろうね~♪」とは思ってないし。^^
生まれ変わったあとのことよりも、今とことん大事にすることの方が大切でしょう?
わたしはそう思って生きていますので、あまり来世のことは考えないですね・・・。

というか、実は来世で人間に生まれ変わりたくないな~と真剣に思っているので^^;
(子供には聞かせられないかな?)
私はずっと幸せだったし、そのことにまったく異論はないのですが、それでもものすごく悲しいこともいっぱい経験してきたので、人間はつらいかな~と思っています。
で、まあ、なれるなら、妖精になりたい~というか、戻りたい~というか、真剣にそう思っていますので^^
(このあたりになると、話にあんまりついてきてくれる人がいなくなってしまうので、もうやめておきます^^;)

シュネガ~さん、このような答えになりましたけれど、いかがでしょう?満足していただけたでしょうか?
前世・来世について、他の方もコメントしていただけると幸いです^^
line
さて、純愛論で盛り上がりましたけれど(^^)、今日は私の好きな女性の歌について。

これも純愛だと思うのですが、でも歴史的背景もありますし、まったくそれだけとは言えないかも。

しずやしず しずのおだまきくり返し
昔を今に なすよしもがな


吉野山 峰の白雪 踏み分けて
入りにし人の あとぞ恋しき


今の大河ドラマが「義経」ですが、その愛妾の静御前の歌です。
昔から静という女性が好きでした。
白拍子の舞姫ではありましたけれど、心清らかで、まっすぐに義経を愛した美しい女性です。

この歌の背景ですが、義経と頼朝の確執が明確になって、頼朝に追われる身となった義経が、静と共に逃げていました。でも、静が身ごもっていたこともあり、静だけが鎌倉に引き渡されたときに、頼朝以下鎌倉の武将たちの前で見事に舞いながら歌った歌なのです。
義経にとっては敵となってしまった兄・頼朝の前で、命乞いをするわけでもなく、愛想をふりまくわけでもなく、ただ一心に義経を想う、恋い慕う歌を詠み、舞いを舞うのです。
その美しさ、清らかさには、鎌倉の武将たちも涙したと伝わっています。。。

そのまっすぐな気持ちと共に、凛とした美しさも伝わってきますよね~。
そういう女性に私もなりたいと、いつも心から思います^^
憧れの女性は、静御前と、もう一人・・・額田王ですね。この方の歌については、また今度お話しますね^^
line
土日の夜はなかなか将棋のお部屋に行けないことが多いので(主人が帰りますので)、ブログの更新につとめようかな~と。^^

先日、私の人見知りがひどかったときに、眠れなくて朝4時まで貴子さんとお話をしていた~という記事を書きましたけれど、そのときの会話の中にこんなものがありました。。。
「姉さん(彼女は私のことを姉さんと呼びます^^)、純愛って、どんんなものだと思う~?」
あんまり唐突だったので、私も一瞬戸惑いました^^;
以前ハンゲームとリンクしていたNAVERからお引越ししたCサイトでは、以前の「ブログさんからのお題」に代わって、いろんな人からの「今日のお題」が出されるそうです。。。
で、その日のお題が「純愛とは?」みたいなテーマだったそうで、貴子さんはそれに一生懸命こたえようとしていたところだったらしいです。

さて、純愛とは?
尾瀬さんにこたえていただこうかしら?あは^^
「プラトニックってことかな~?」と貴子さんが言ったのですが、たしかにその面は大きいとは思うのですが、それだけではないような。。。
私としては、
「どんな障害も困難も乗り越えられるほどのまっすぐで真摯な愛情」って感じでしょうか?
そこに欲がないんですよね。。。相手からは何も求めない~でも、自分は愛している~という感じかしら?
だから、純愛という場合には、結婚している人が相手だったりすることもあるわけです。どうしても手に入らないけれど、心から想っている~みたいな。

まあ、言葉の定義って、受け止める人それぞれで変ってきますので、一概に「これ」とは言い切れないのですが、ニュアンスとしてはそんな感じではないかと。。。

で、私としては純愛の最たるものが、
私の大好きな童話であるアンデルセンの「人魚姫」だと思うんですよね。。。

人魚姫は、愛する王子様の命を助けます。そして王子様に会いたいばかりに自分の美しい声に代えて二本の足をもらいます。
倒れているところを王子様に見つけられて、お城で一緒に暮らすようになったのに、王子様を助けたのは自分だと言うことができません。
王子様は本当の妹のように人魚姫を心から可愛がります。
隣の国のお姫様との縁談がもちあがったときにも、「自分を以前助けてくれた女性と結婚できないのであれば、おまえをお嫁さんにするよ~」と人魚姫に言います。
ところが、その隣国のお姫様は、人魚姫が王子様を助けたあとに、浜辺で王子様を見つけた女性その人でした。王子様が自分の命の恩人だと信じている女性だったわけです。。。
当然、王子様とそのお姫様は結婚することになります。
王子様は幸せいっぱいです。
その結婚式の夜、人魚姫はお姉さまたちから一振りの剣を渡されます。それで王子様の胸を突いて、その血を足にあびればまた人魚の姿に戻れる~と、そうでなければ海の泡になってしまから~と言われます。
人魚姫は王子様の寝室に向かいます。
でも、どうしても剣を振り下ろすことはできませんでした。
誰よりも誰よりも愛していましたから・・・。
でも、その美しい心は、人魚姫の姿を海の泡には変えずに、空気の精にしたのです。


とても哀しくて、美しい話だと、いつも思います。
私の書くファンタジーは、ものすごく人魚姫に影響を受けています^^
自分の命に代えても、愛する人を守れるほどの愛情をもてることが本当に幸せなことかもしれませんね^^
line
先日の記事でもおわかりのように、私は実はかなり人見知りがあります。。。^^;
ネットだとあまりわからないのですが(というより、実際に会ってもわからないかも^^;)自分の世界がとても大事なので、心を開くまでにとても時間がかかります。そのかわり、一度心を預けると、本当に安心しきって行動します。
結構、観察すると面白いタイプかもしれません^^;

で、私が将棋を指すときには、その人見知りのせいで、基本的にはカギ部屋になります。
ここさんは、わかばの共通パスワードでお部屋を作って、私を招待してくれました(最初、私はわかばに入っていなかったので^^;)
カギ部屋なのに、どんどん人が増えていくのにはびっくりしましたけれど、わかばの方たちは私が指導を受けているときは決して余計なことは言わず、じっと見ていてくださるので、とても楽でした。^^
でも、たまに、(かなり酔っ払っているときには)ここさんは自分でもわからないような適当な番号を打ってカギ部屋をお作りになるときがあって、そのときはもちろん他の人は誰も入れませんでした・・・^^;
「今日は誰もお見えになりませんね~」と言ったら、「アタシでも、一度出たらもう入れません~♪」とおっしゃっていました。。。^^;

銀将棋2でリーグ戦に参加したときは、基本的には「チャット制限」をかけさせてもらいました。
お見えになった方に挨拶しなければいけない~と思うことだけで、対局中は気持ちがそれてしまうので(^^;)、対局に集中するためにやっていることなのですが、観戦者どうしで「次の一手」について話をしたりできるので、それはそれで評判はよかったです^^

今、江戸川で主に突歩さんと指すことが多いのですが、そのときはあるパスワードを使ってカギ部屋にしています。。。
江戸川サークルのパスワードだと、どうしてもサークル外の人は入れないのでそれは困るかな~と。
サークル外にも大事なお友達はいますので^^
というわけで、すごくわかりやすいパスワードを突歩さんが決めて、一応それでお部屋を作っています。
交流用のロビー2で私が検討中のお部屋を作るときも、基本的にはそのパスが多いかも^^
パスを知りたい方は、直接ミニメで聞いてくださいね^^
あくまでも、荒らしさん対策のためなので(最近は中にいる人を追放していきますので^^;)、お友達はいつでもOKです♪
ただし、指導を受けているときは、横から口をはさんではいけませんよ~それだけは守ってくださいね^^


line
その原因となることはいろいろなのですが、ときどき妙に「人見知り」状態になることがあります。
誰かを悲しませてしまったな~とか、逆に誰かに傷つけられてしまったな~とかいうときが多いですね・・・。
ちょうど一年前、ここさんの前に将棋を教わっていた人がIDを解約したときも、ひどい人見知り状態になって、練習用ロビー1に行くものの他の誰にも顔を見せることができなくて、ここさんがいるのがわかっていてもお部屋に入ることもできなくて、ただ一つの安らげる場所に逃げ込んでいました・・・。
それが、私のハンゲでの一番の弟「とーやくん」のお部屋です^^
とーやさんの将棋は、高い山をわざわざ険しい方から一生懸命登るような感じです。。。(私の表現なので、わからなかったら笑ってください^^;)
とーやさんを見ているだけで、心がいつもとてもあたたかいものでいっぱいになれます。それは向こうも同じらしくて、私たち最初に会ったときから、とても仲良しになりましたので^^
昨年の四月から七月ごろまでは、毎日とーやさんのお部屋にいましたね~♪とーやさんがお部屋を作るのを待って、お部屋を作ったらずっとそこに入り浸っていました。^^;
そうしたら、いつでもここさんがお見えになって、私を練習に連れ出してくれました。あみさんも、ouさんも、チューバさんも、みんなが入れ替わり立ち替わりやってきて、いつも本当ににぎやかでした。。。

サークルをやめたせいもあって、昨夜はかなり人見知り状態が強くなっていたので、ちょっと練習用ロビー1に顔を出したら、久々にとーやさんの姿を見つけました。^^
検討中のお部屋に入ったら、今度はチューバお兄さまが。そして、なんと白豹姫のお姿も^^
さらには、月詠陽さんリンゴvoxさんといったそうそうたる面々が。。。交流用オンリーの方には分からないと思いますが、練習用オンリーで活躍される素晴らしい棋力の方たちなんです^^
私の大事なお友達がいっぱ~い来てくださって、本当に嬉しかった~♪
人見知りも少しおさまったかな~と思ったのですが、そのあと江戸川に行こうとしたら、やっぱりお部屋に入れなくなっていました。。。^^;;
「人見知り」になってしまうと、よほど心を許した人でなければダメなんですね~。特にたくさん人がいる部屋には入れなくなってしまいます。「そこに人がたくさんいる~」と思うだけでだめなんです。
本当に息ができなくなるの^^;
酸欠みたいな感じになってしまいます。。。不思議ですね~。^^;

さらにちょっと不眠症ぎみになるので(^^;)、昨夜はそのままず~っと交流用で検討画面を見ながらひたすら検討していました。。。
2時半過ぎに一度寝ようと思ったのですが、やっぱり寝付かれなくて、3時前にまた復帰したら、貴子さん突歩さんが二人でいるお部屋があったので、思い切ってそこに入りました。
貴子さんと4時までお話していたかしら?
(チューバお兄さまが読んだら、真っ青になりそう・・・^^;)
6時に起きるので、2時間ぐっすりと眠りました。とりあえず眠れてよかったな~という感じです。^^
仕事にもそんなに支障はなかったし。

今日は少しでも元気になって、みなさんのお部屋に「失礼いたします」と入れるようになっているといいな~と思っています^^

なお、私の大事なとーやさんが、新しく(別のブログサイトですが)ブログを開きましたので、みなさま、私のところから飛んで見にいってあげてくださいね^^
line
ちょっとさびしい気持ちです。。。
ハンゲームのサークルをひとつ退会してしまいました。。。
もっとも、「江戸川」ではありません^^;
ゆーめーでは、江戸川に入ってないでしょう?
もちろん、ほとんど活動していないとはいえ、
うちの師匠のサークルである「わかば将棋4」には残っています。^^
退会したのは「銀将棋2」ですね~。

元々、ここは「銀将棋」のオーナーが来なくなったためにリーグ戦の進行に影響がある~ということで設立されたリーグ戦専用のサークルでした。当初から私は入るべきではないと思っていたのですが、サークル活動ということに関して知らない人が多かったので、とりあえず雑用係として、せっせと動いていました。^^
みんなでとても仲良くやっていたので、やめるにやめられなかった~というのが本当のところかも^^;
本当にとても楽しく活動させていただきました。^^

ただ、私はやはり真剣勝負のリーグ戦向きではないんですよね。。。
それは駒落ちだから~とかそんなことはまったく抜きで、あんまりいろんなタイプの上手に来られると、実際のところかなりまだつらいわけです。
それは何枚落ちでも同じことで、負けるのは全然かまわないのですが、気持ちがつらくなるのは結構こたえるんですよね~。
過程ではなくて結果を求められるものに関しては、私にはまだつらいのです。。。だからこそ、上手は真摯に挑んでくださるので、そのことには心から感謝しています。つまりは私の気持ちの問題ですね^^;

銀将棋のみなさんとずっと6枚落ちを指していたら、きっと寄せもうまくなるんだろうな~と思ったりもしましたけれど、やっぱり無理をさせているな~と思うこともありましたし、それはそれとして、私はすなもかさんの「将棋スクエア」(ハンゲサークルではありません)にも参加していますので、同じときに棋戦があった場合、おそらく将棋スクエアの方に行くだろうな~という自分の選択が読めたので、今ここで一度「銀将棋2」から出た方がいいかもしれないと、踏ん切りをつけました。
先ほど、最後の投稿を書いて、ブニャさんのお世話をして、(退会するとパワーが減るので)募金もしておきました^^

でも、やっぱり泣いてしまった~。^^;

オーナーが来なくなって久しい「銀将棋」の方は、今月いっぱいブニャさんのお世話をして、そこで退会する予定です。
「わかば将棋4」に関しては、あまり最近は活動していないとはいえ、うちの師匠がオーナーですし、とりあえずこのまま続けていく予定です。^^

ゆーめーとしての基本活動は「将棋スクエア」で、江戸川夢歩としては交流用の「江戸川」で~といった感じで、これからも将棋の勉強に励みたいと思いますので、皆様、これからも温かく見守ってくださいね^^

more...

line
昨夜は、棋譜の検討をしているところに、穴さまがお見えになられたので、対局させていただきました^^
穴さま=江戸川のスター・穴歩さんです~♪

でも、序盤で笑ってしまいました。。。
だって、上手の必殺技・55歩止めをなさるんですもの!あは^^

よりにもよって、私との4枚落ちで、55歩止めを使われるとは~思ってもみませんでした。^^;
思わず「ええええええ~~~~」というチャットを入れてしまいました!^^;;
返ってきた答えは、
「おもろいやろ」でした。。。^^;
さすが、穴さま~としか言えないです^^

2枚落ちになってから、55歩止めについてはじっくりと勉強しようと思っていたので、ほとんど何も読んでいませんでした。ただ、以前、少しだけ定跡の本を読んだときの記憶が残っていたので、おぼろげな記憶で少し指して、あとは行き当たりばったり~でした。
定跡関係なし~ですものね^^
そのぶん、すごく楽しかったです。
勝ち負けではなくて、自分がどういう風に指したいのか、攻めたいのか、それを考えている時間がすごく幸せでした。
指しているときに、悪手がいくつかわかりました。
(指したあとに、困ったので^^;)
でも、上手も本当はもっと困っていたのかも。なにしろ4枚落ちなんですもの。。。
きっと私の方に勝ち筋はいっぱいあったんでしょうけれど、結果としては完敗でした。
さすが、江戸川屈指の上手です^^

穴さまはそのあと用事ができて(深夜でしたけど^^;)お帰りになられましたので、私は将棋スクエアの棋譜掲示板に棋譜をアップして、ブログへの貼り付けを挑戦しようと思います^^
うまくできるかな~?????


more...

line
さて、今日の投稿は、久しぶりに駒落ちの将棋からも詩やファンタジーの世界からも離れます^^

なにかというと、
バレーボールです^^

私、みなさまが想像している通り、それほど体育系ではなく(今まで一度も運動系のクラブ活動をしたことがありません^^;)、習い事も「ピアノ」「お習字」「お琴」で,趣味は[読書]と[童話を書くこと]でしたから、まったく運動とは疎遠でした。
ただ、それでもなぜか得意な運動が少しあって、それが持久走とバレーボールだったんですね。。。^^
持久走のほうはとりあえずおいておいて、バレーボールについてお話します。

昨日、小学校のPTA主催の「学年別バレーボール大会」が開かれました。各学年でチームを作り、学年対抗で各チーム2試合ずつ行い、最終的に合計の得点で順位を決めるというものです。
私は、ほとんど毎年出場しています^^
なにしろ、バレーボールが大好きですから。
でも、今年は出なかったんですね~。(かなしい・・・)
みんな、私は絶対に出ると思っていたので、かなり驚かれました。体調が悪いのでもなかったのですが、練習日に練習にいけなかったんですよね。。。^^;
試合当日の2週間くらい前から2~3回練習があるのですが、最近仕事が忙しくて残業があったのと、中学の学年委員の仕事で中学校に夜行かなくてはいけないことが何度かあったので、長男の嫁としてはなかなか「じゃあ、今日はバレーボールに行ってきま~す♪」というようには言えなかったんですね。。。^^;;

しかも、先日、お友達の送別会もあったし、家を空けることが多いと、やはり家族(特にお義母さん)に負担が大きいですから。

当日だけ出れば~という仲良しのキャプテンからの要請もあったのですが、「だってポジション的にそれはよくないでしょ^^;」と私が言ったら、「そうだね~」と納得してくれました。^^
私のポジションは、9人制バレーボールのど真ん中です!
すべてのボールを受けて受けて受けるところ~~♪
私は、レシーブが大好きなんです!あは^^
どんなすごいサーブも受けます!
さすがに、すごいスパイクが受けたくありませんけど、1年に一度のイベント程度のバレーボール大会で、それほどのスパイクを打つ人はいませんので^^(バレーサークルに参加している人は、スパイクを打ってはいけない決まりです)
受けもそうなのですが、ど真ん中は司令塔なので、やっぱり練習のときからみんなの中心でいなければいないんですよね。
だから、当日突然入る~というわけにはいきませんでした。
とにかく、いつもものすごく声を出します。
はっきり言って、人が変わります。怒鳴るんじゃないですよ^^;
「取っていこうね~」とか「次はとるよ~」とか、まあ盛り上げるわけです^^
主人は、そういう私を見たくない~と、今まで一度も応援に来たことがありません。。。^^;
逆に、子供達からは「お母さん、かっこいい~♪」となぜか評価が高いです^^;;

レシーブとサーブが大好きで、サービスエース連続7ポイントの記録ももっています^^
でも、ジャンプ力がないのでスパイクは打てないし、セッターもできないので前衛はできません。中衛か後衛のセンターに必ず居座っています^^

昨年は38度の発熱の中、練習に参加していたので、さすがにそのときは声を出しませんでした。黙々と拾いまくっていたのですが(なぜか体は動くんですよね~)、事情を知らない外野の方たちから「ゆーめーさん、今年は声が出てないよ~」としかられてしまいました・・・^^;;
(しかも、そのあと、ハンゲで将棋をしていた私・・・^^;)

このバレーボール大会では、いろんなエピソードがありすぎるので、それはまた後日書かせていただきますが。
とにかく、昨日はひたすら応援に励みました^^
ある意味、監督でした。あは^^
ベンチで立ち上がって、ず~~っといろんな指示してましたので^^;
「あの人のサーブは重いけど、腰を落として受ければちゃんと取れるから~」とかね^^
最後にみんなを送り出すときには、
「これで帰ってきたら、美味しいビールが待ってるからね~♪」という決め台詞を言わせていただきました^^
体育館じゅうに、大うけに受けました!
だって、どのチームも、そのあと大宴会が待っているんですもの。
私は基本的にあまり参加できないんですけどね~。みんなが楽しいからそれで十分です^^

来年は最後だし、必ず出たいです^^
そのために日ごろからちゃんと鍛えておかないといけないかな~。
優勝するようなチームではないけど、6年生になるわけだから、あんまりみっともなくない成績を残したいですしね^^

それにしても、
バレーボールではこんなに受けるのが得意なのに、
どうして将棋ではまったく受けられないんでしょうね。。。^^;;



line
リアルのお友達から、とても素敵なお手紙をいただきました。

「どんな時も、やさしく丁寧に仕事を教えてくれたり、手伝ってもらい、感謝しています。大切なご主人やお子様達のためにも、健康第一に頑張ってください。人間的にも見習うことが多い人に出会え、よかったです。」


今日は夕方から送別会でした。。。
会社の同期のお友達が今日でお仕事をやめることになったのです。
私は、長男の嫁なので、基本的には夕食の用意などをしないで自分が出かけることはできませんから、今日は彼女の送別会に出るために仕事のお休みを変更しました。
お休みにして、家のことを片付けて、お夕食の用意を全部してから出かけました。
でも、その間、「顔を見たら泣いちゃうかな~」とそれがとっても心配でした。
会社で最後にきちんとあいさつをすましているはずなので、私があんまり泣きそうな顔をしていると、けじめがついたあとだから悪いな~と。
(私、本当に泣き虫なんです^^;)

ところがお夕食の用意をして(おすしをつくりました)バタバタしている間に、あっという間に時間が経ってしまい、しかも電車の乗り継ぎが悪くて、約束の時間に喫茶店に行くのがぎりぎりくらいになってしまいました。着いたときにはもうみんなが座って待ってくれていて(別のお友達が入り口まで迎えに来てくれました^^;)、こちらは駅から必死で走っていたので息は切れているし、顔は真っ赤だし、汗は出てるし~で、なんだかしんみりとした状況ではなくなっていました^^;;

ケーキセットを食べて(美味しかった^^)、同期13人でお話をいっぱいして、楽しく時間を過ごしました。
そのあと、お夕飯を食べに行って、8時前にお開きにして、私は一足先に帰りました。

同期といっても、みんな年齢はさまざまで、私の下は2歳年下のNちゃんだけ。^^;あとは、皆さん、私より上なのですがみんな若いんですよ~♪若くて、とってもかわいいの^^
もし、このままここに勤め続けたら、パートの定年は55歳なので、私はあと15年働けますから(そこまで本当にいるかどうかは疑問ですけど^^;)、私かNちゃんがやめるときには、みんなで1泊旅行に行こうか~などという案も飛び出して、とっても楽しく盛り上がりました。^^
送別会~というより、久々の同期会といった感じで、時間はあっという間に過ぎていきました。^^
みんなより一足先に帰った私は、一人で電車に乗りました。
そして、今日やめたK代さんからいただいたプレゼントとカードを電車の中で開きました。
それが最初に書いたお手紙です。。。

今日はそれまでず~~~っと笑顔でいたのに、その帰りの電車の中で私はポロポロポロポロ泣いていました。。。
涙が勝手に流れていくんです。。。

私、なんにもしてあげられなかったのに、それにそんなに素敵な人ではないのに、こんな素晴らしい言葉をもらえて、とても幸せだな~と。
そして、悲しかったのは、このお手紙について直接「ありがとう」ともう面と向かって言えないんだな~ということ。
だから、この場を借りて、K代さんに心からのメッセージを送りたいと思います。

私よりずっと年上のしっかりとした女性にこういう風に言ってもらえたこと、本当に忘れません。
私たちは、たまたま一緒に仕事を始めて、同期としてずっと一緒にいて、年齢は違っても毎日笑ったり泣いたりいろんなことを共にしてきましたから、ずっとずっとお友達です^^
だから、私のことを忘れないでほしいし、私も決して忘れませんので、心の中にいつまでも大事な人として、大切に思っていますね^^
今まで、本当にありがとうございました。私の方こそ、いろんなことを見習わせていただきました。これからもいろんなことに挑戦して頑張ってくださいね。必ず、また会いましょう^^


私、さびしい気持ちにとても弱いので、今、ちょっと元気がありません。。。^^;
line
昨夜は、午前1時近くから突歩さんに4枚落ちのご指導をしていただきました^^
はじめ、ちょっと眠かったかも^^;
でも指して、考えていると、それどころではなくなりますね~。
あとで指摘されたのは、序盤の56歩の突き方と、中盤の攻め方ですね。勝負どころ~というものの見極め方かも^^
56歩は、上手に55歩を突かれる前に突かないと~と思っていて、タイミングを逃したと思い込んでいました。突かれたあとでも対処できるとわかりました。

言われた手はいつもものすごく頭の中にあるのに、考えたときに「だめかも~」と弱気になってしまうんですね。。。
で、攻めが中途半端になって、結果として下手の優勢が消えていくようです。。。う~ん、むずかしい^^;

私がいつも思っていることですが、駒落ちというのは平手よりも一手のミスが大きく響くような気がします。
そこに純然たる棋力の差が存在するからだとは思うのですが、それだけではなくて、落とした駒が多いほど、そのミスはものすごく大きくて限りなく下手自身を苦しめる気がするのです。。。
上手はそのミスを見逃しませんしね~。^^

本当に上手はそのミスを待っていたりしますから。
上手からすれば「やっぱり間違えた~」みたいな感じなのかしら?^^;
観音様の手のひらにいる孫悟空みたいですね^^

だから、何度も何度も復習して検討して、次こそは勝ちたい~といつも思います。
いつか手のひらを飛び越えて、外に飛び出せるようになりたいです。
平手という外の世界へ^^
でも、孫悟空は知っているんですよ~観音様たちがどんなに自分に愛情を注いでくれているかを。。。
だからこそ、勝って喜ばせてあげたいな~と本当に思います^^

line

あなたの心に
やさしい緑を届けたくて
私は今、ここにいます

あなたの心を少しでも癒したくて
私は、そっと窓辺にたたずんでいます

あなたは私にお水と食事を与えてくださるけれど
私はあなたに何もしてあげられないから
ただ、ここで
あなたの帰りをいつも待っています

窓越しの太陽の光が好きです
白いレースのカーテン越しに見るお日さまは
やさしいあたたかさを感じさせてくれます

雨も好きです
しっとりとした気持ちになれるから
本当はときどき戸外でやさしい雨に体を洗われて
心までうるおいをもちたいけれど
あなたにそこまでお願いはできないから
この窓辺で雨音を聴いています

あなたの笑顔が好きです
あなたの涙は苦手です

だから泣かないで
私はいつもここにいるから
あなたの心が少しでも優しくいられるように
あなたの窓辺にいつもいるから

私の名前はアジアンタム
あなたの窓辺で
さざめくように緑の葉を揺らしています。。。


☆    ☆     ☆     ☆

テンプレートをアジアンタムに変えたので、アジアンタムの気持ちになって詩を書いてみました^^
みなさまの心に、アジアンタムの妖精が、そっと舞い降りてくれますように~♪
line
あまりイメージを変えたくないので、テンプレートは初期設定のもので結構満足していたのですが、新着の共有テンプレートを何気なく見ていたら、このグリーンのさわやかなものを見つけました^^

これから夏に向かうことですし、ちょっとブログもイメチェンしようかと~。

鈴歩さん、尾瀬さんといったお友達も続々とfc2で活動を再開されました。みなさま、これからもどうぞよろしくお願い致しますね^^

line
今日は!
久しぶりに主人が日曜日にお休みだったので(かといって、他の週も別に平日に代休があるわけでもありませんが^^;)、家族で映画を見にいきました^^

「交渉人 真下正義」です!

「踊る大捜査線」ファンの主人が、前から見にいきたがっていたのですが、なにしろ本人が全然休みがなかったので、「無理だね~」とあきらめていたのですが、本日無事に念願かなって見にいくことができました。
子供と一緒だったので、悲惨なシーンがなければいいな~と思っていました。その点では、本当に合格でした^^
誰も撃たれたり~とかなかったし。爆破シーンはありましたけれど、まあ、そのくらいは仕方ないですし。
地下鉄の迫力とか、いろんな意味で楽しかったですね^^
湾岸署の方たちはほとんど出てきませんけれど、それでもときどき知った顔が現れるとそれはそれで面白いし。
警視庁の刑事さんが、なかなか味があったり(ある意味、とても刑事には思えない人でした^^;)、脇を固めた役者さんたちが本当によかったですね~。
家族みんなで楽しめました。^^
でも、最後に主人が一言・・・。
「湾岸署のあのおじさん3人組がほんのちょっとでも出てほしかった・・・」とか^^;

次は、8月の終わりに公開予定の「容疑者 室井慎次」を見にいくそうです。。。あは^^


line
「つぶやき」
心の底から
今を信じて歩いていきたい

過去に振り回されず
未来に過剰な期待をもちすぎず
ただ、
今というこの時を
大切に生きていきたい

心の底から
人を愛して歩いていきたい

裏切られることにおびえて
誰も愛せないと思う夜よりも
毎日笑顔で輝く
夜明けにしていきたい

誰かの娘であるよりも
誰かの恋人であるよりも
私は私でありたい

今を信じ
人を愛し
私として
まっすぐに歩いていきたい。



☆     ☆      ☆     ☆
久しぶりに新作の詩をアップしたように思われるかもしれませんけれど、なんとこれを書いたのは
17年くらい前かな~。^^;
主人と出会ってしばらくした頃ですね~。
そのときに友達と詩を交換し合っていて、その中のノートにあったものです。^^
なんとなく、今でも共通するものがあるので、アップしてみました。
タイトルは、そのときも「つぶやき」だったので、あえて変えませんでした。^^
少しでも元気を出してほしい人がいるので、元気になっていただければいいな~と思っています^^
line
将棋は基本的には平手で指すものですが、もちろん棋力の違いもあり、初級者がそれ以上の棋力の方とそれなりに指すために、「駒落ち」というものがあります。
上手が何枚か駒を落として対局してくださるわけです。
下手はその落とした駒の数だけ有利なように一瞬見えるのですが、なかなかそうはいかない・・・^^;
つまり、相手が落とした駒は、下手も取る事が決してできないので、ただ上手の王様をねらいに行くだけは勝てないんですね~。
かなり寄せが大変になります。
当然取れるはずの駒が取れないというのは、実は結構大変なことで、2枚落ち以上の手合いになると、とりあえずは「いかに上手の金をとるか~」ということが重要になってきます。
詰むために、一番重要な駒ですね^^
そして、大駒である飛車・角のどちらか(もちろん両方なら尚のことよし)が成れることも大きなポイントです。

また、駒落ちは、基本的な手筋を覚えるにも、とても大切だと言われています。特に、2枚落ちの定跡は手筋の宝庫といわれていて、
「銀多伝」「ニ歩突っ切り」共に、素晴らしい定跡です^^

私は今、4枚落ちを指していますが、実は昨年の秋に一度2枚落ちまでいきました。
そのときに、二つの定跡を比べてみて、その美しさに感動したのが、
「ニ歩突っ切り定跡」です。
銀多伝は、銀が縦に並んでいるので、あまり好きではありませんでした。。。^^;
そのとき、師匠にたずねました。
「二つの定跡のうち、どちらを学ぶのがいいでしょうか?」と。
師匠は、ミニメにこのように返事をくれました。
「銀多伝は変化少なく、下手勝ちやすし。ニ歩突っ切りは変化多く、下手惑うこと多し。よって、将来の勉強のためには、ニ歩突っ切りをオススメします~♪」と。^^

嬉しかったですね~。

自分が本当に惚れこんだ定跡を勉強できることもそうでしたけれど、
勝ちやすい定跡ではなく、勉強になる定跡を選んでくれたことが
本当に嬉しかったです^^
だから、もちろん、変化に対応できなくて惑ってばかりでしたけれど、
それでも全然気にならないほどでした。
ただ、銀多伝が勝ちやすい定跡なので(だからって、私が使いこなせるとは思いませんが^^;)、それで勝てばいいじゃない~と考える方もいらっしゃって、「銀多伝を教えてあげるよ~」などと言われようものなら、私は頑固なので、絶対にそこを曲げませんので、「師匠に怒られます~」と断ってばかりいました^^;
べつに本当に怒られるとは思いませんけれど、
師匠というのは基本的には一人でいいので。
将棋は特にそうだと思うのですが、要するに皆さん指し方が違うわけですから、当然教えるときに教え方も違うわけです。
どの教え方がいい~というのは決まっていませんけれど、
やはり自分が先生と決めた人に従うのが自然ですよね^^
でないと、「船頭多ければ船、山に上る」という状態になります。
私、これはそのとおりだとものすごく素直に思っているんです。

だから、基本としてはうちの師匠(=こころいきさん)の言うとおりに勉強を続けています。
ただ、師匠になかなか最近は会えないので、練習相手として、
尾瀬さんやと金さんにお願いすることも多いです。
で、その棋譜を添削してもらうんですね~。あは^^

最近、江戸川穴歩さん、江戸川突歩さんとお知り合いになって、
このお二人の上手には心から感謝しています。
上手として、うちの師匠のように最初から心を預けられる人って
滅多にいないと思っていたのですが、このお二人は大丈夫でした^^
私がどんな手を指しても、それを心で受け止められます。
う~~~ん、言葉ではうまく表現できないんですけどね・・・。
上手というのは、ただ棋力云々ではなくて、初級者に対する場合は、
下手の少し上の棋力で指すことが大事みたいなんですよね~。
手が届きそうで、届かない。
勝てそうで、勝てない。
それは緩めるとか緩めないとかの問題ではなく、下手への愛情みたいなものかな~。
心で包み込まれるかどうかなんですよね。
そういう上手に巡り合えることって、すごく幸せだと思っています^^
たたきのめしに来られると、下手は(というか私は)ものすごくおびえてしまいますので^^;

というわけで、最近はもっぱら突歩さんと4枚落ちを指しています。
4枚落ちの端攻め定跡は見事に粉砕されてしまったので、
2枚落ち定跡を使って指すことに決めました。
まだまだ、きちんと使いこなせないので、惑ってばかりですが、
そのうちに必ず勝ちますから~。私の成長を見守ってくださいね^^
突さんに4枚落ちで勝てるようになったら、きっと2枚落ちも指せるようになっていると信じています^^
line
こころいき先生!あれから1年が経ちましたね~♪
ここさんは覚えていらっしゃらないでしょうけど。^^;
だって、ぐっすりお休みだったんですから・・・。

でも、私はとてもよく覚えています。
だから昨夜対局できて、すごく嬉しかったんですよ~。
勝ち負けではなくて、わたしにとっては思い出の対局でした。^^
1年前、途中で終わってしまった(しかも序盤で^^;)思い出の対局の再現。。。

あの日、私はいつものように「とーやさん」がお部屋を作るのを待ってそこで遊ばせてもらっていました。対局中のとーやさんとお話しながら観戦していました。
時計を見ると、もう午前0時を回って、日付が替わってしまっていました・・・。
「ここさんは今日は来ないんだな~」とあきらめたときです。
「コンチャ^^」顔文字と共に、ここさんが登場しました。
「ゆーめーさん、やりましょうか。」
「ほえ?」こんな時間から?^^;みたいな感じの私のリアクションに、「え~~」とおっしゃっていましたが、だって、その時間に現れるってことは、完全にヨッパ~ですしね^^
でも、とーやさんが「行っておいで~」と言ってくれたので、「じゃあ」と思って指すことにしました。
あのときは、まだ6枚落ちだったでしょうか?
定跡もよくわかっていなくて(所司先生の本を購入したばかりでした)、序盤もたどたどしくて・・・。少し考えて、たしか銀をどこかで動かしたときでしたけれど、そのあとのリアクションがまったくない・・・。
いっさい反応なし。
いっさい応答なし。
「・・・・・・・・」
まさか、ね。^^;

「こころいきさん~♪」
「ここさ~ん♪」
「ここさんの番ですよ~。」
何を言っても、反応がないんです・・・。

あれにはびっくりしました!!!

とーやさんのお部屋を見たら、すでに対局を終えて、もういなくなっていたし、ouさんはその夜は11時ごろにすでに「おやすみなさい」と言って出られましたから、もう来ないことはわかっていたし。
知らない人は苦手だし、ここさんの立場もあるので、できればある程度信頼のおける私の知っている人をロビーから部屋に呼べないだろうかと考えて(入ってきたらピンポ~ンって鳴るでしょ^^)、ロビーを眺めていたら、「わかば2」の柾喜さんがいらっしゃいました。^^

柾喜さんに声をかけて、お部屋に来てもらいましたけれど、ここさんのパソコンは音を小さくしているんだかなんだか、やっぱり反応なしです^^;
何度か出入りしてもらったのですが、やっぱりだめ~。
ということで、その夜2時まで柾喜さんとお話していました。^^
あの日から、柾喜さんとはすご~~~~く仲良しになりました!
もう対局自体は時間切れでここさんが負けて終わっていたのですが(^^;)、2時に柾喜さんが帰ったあとも、私はどうしても立ち去ることができなくて、その部屋にずっといました。。。
結構夜中は冷えて、寒かったので、パソコンの前の椅子に毛布にくるまって、「起きないかな~」と思って待っていました。
結局3時40分までおきていましたけれど、さすがに翌日仕事だったので(^^;;)そこでお部屋を出ることにしました・・・。

私が出てしまうと、対局希望になるので、いろんな人が出入りするかも~と心配でしたけれど、まあ、その時間ならそんなにたくさん人がいるわけでもなかったですし。

とにかく、ここさんが風邪を引かないかだけ、とても心配でした。

その翌日、元気に「昨夜はごめんなさいm(_ _)m」と現れてくださったときは本当にホッとしました^^
でも、ちょっとだけ怒ったんですけどね~飲みすぎのときは、対局してはいけません、と。^^

ここさんはもうお忘れだと思いますが、私はそのとき本当に一生懸命おきてくださるのを待っていたんです。
それはね・・・。
本当に大事な方だからです^^
あの日から、本当の意味で「先生」と呼ぶようになったと思います。
自分の心の中にあったいろんなわだかまりが消えていきましたから。

もっとも、それが原因で、私はものすごくひどい風邪を引いてしまったんですが・・・^^;;
ま、いいか^^

というわけで、昨夜の対局は私にとっては、とても意味のある大事な対局だったんですよ~せんせい^^
ありがとうございました!(*^-^*)
                       草々
        あなたの弟子のゆーめーより。
line
私のお友達の「るおやん」さんが「空の宴」という素敵なホームページを開いていらっしゃいます。
Nブログが閉鎖されるにあたって、そこにあった記事を移されたのですが、そのなかの「リンク集」の中に、私のこのサイトも入れてくださることになりました。それによって、るおさんのところにいらっしゃった他のお友達が、私のところやさらにはここを経由してfc2の他のお友達のところに飛べたらいいな~と願いをこめてのことなのですが・・・。
先ほど、そのリンク集を見に行きましたら、紹介の言葉に焦ってしまいました・・・^^;

「駒落ち将棋日記・素敵な詩と童話の世界です(^^)」

きゃあ~。まだこちらにきてから、詩も童話も書いてなかったんですが・・・^^;;
しまった。。。(汗)
というわけで、るおさんがうそつきになってはいけませんので、以前の詩をクルルから少しずつ移していこうかな~と思います。
もちろん、そのうちに新しいのもアップさせていただきますけど。^^

というわけで、しばらく「詩」がド~っとアップされると思いますが、笑ってみていてくださいね^^


すなもかさんが、「投稿時間を過去に変えれば、ド~っとアップされませんよ~」と教えてくださったので(^^)、とても助かりました^^
「詩」を読みたい方は、「詩」のカテゴリをクリックしてみてくださいね~♪
そのうち、童話の方も頑張って移しますので、よろしくね^^
line
一昨日の夜だったでしょうか~。私が夜に常駐している(^^;)ハンゲームの将棋弐の交流用ロビーでの話です。。。
私が、突歩さんと4枚落ちをして、やはりボコボコにやられて(^^;)二十歩さんを交えて感想戦をしていたとき・・・。
誰かが入ってきました。
でも知らない人だったので、特には声をかけませんでした。とにかく感想戦を一生懸命やっていましたので。
すると・・・。
突然、突歩さんが画面から消えました。。。
「え?」
と思った次の瞬間、ニ十歩さんの姿もありませんでした。
さらに、進退歩さんも・・・。

突さんが消えたとき、一瞬、落ちたのかと思ったのです。
でも、そうではありませんでした。
チャット画面には、赤い文字でこう書かれていました。
江戸川突歩を追放しました!
その瞬間、血の気がザワ~っと引きました。

だって、ホストは私だったのです。
追放できるのはホストだけのはずなのに、私がそんなことするわけありません。
赤い文字が、二十歩さんや進退歩さんの名前を刻んでいき、私は大事な人達がいなくなってしまう恐怖に、本当に青ざめました。
急いでロビーを見てみると、
「今入ってきたのが、荒らしだ~」
という突歩さん、二十歩さんのチャットが。
「ごめんなさい。私じゃないの。」
とロビーチャットを入れたら、みんなそれはわかってくれて、本当にホッとしました。

そして、部屋をもう一度見てみると、私とanagumakunさん(彼はお知り合いです)と、もう一人の彼女だけが残っていました。
もう誰も追放されたくありませんでした。
だから、ハンゲに入って初めてのことでしたけれど、その人を追放しました。

結局、他の人達がもうお部屋に入れない状態になってしまったので、すぐにその部屋を出て、ロビーチャットをはじめましたけれど、今度は
その彼女から山ほどの1:1チャットの申し込みがやってきました。。。^^;;
(よほど恨みに思われたようです。。。^^;)

すぐに「チャット拒否」にして、チャット攻撃からは逃れましたけれど、画面いっぱいになっていたので、一つ一つ丁寧に、チャットを断っていくのが結構大変でした・・・^^;;
よく私のパソコンが持ちこたえたものだな~と、ちょっと感心しました^^

翌日、久々にお会いできたチューバお兄さまにその話をしたら、
「江戸川という名前が好きではない人って、結構いるのかも」とおっしゃってました。^^;「なんといっても、江戸川さんはみんな強いからね~。ボコボコにやられて、悔しかったのでは?」とのこと。
私はそのとき、ゆーめーだったから、追放されなかったのかしら?
これで、江戸川夢歩のIDだったら、嫌がらせのメールとか来てたかな~と、ちょっと心配になりました。。。^^;;

練習用に、荒らしが来ることは滅多にないので、交流用ではこういうこともあるんだな~と、ちょっと社会勉強をさせていただきました。
でも私は、
本当は誰も追放してほしくないし、誰も追放したくないな~と、
今も思っています・・・。

みなさまも、荒らしの方にはお気をつけてくださいね^^
line
昨夜は、なぜか尾瀬さんと「2枚落ち」を指してしまいました・・・^^;実は、尾瀬さんはここのところ2枚落ちに凝っていらっしゃいます。しかも、好んで下手を指していらっしゃいます。。。(なんでやねん^^;)

突歩さんを待っていたので、観戦オンリーにしようと思っていたのですが、2枚落ちの定跡を知りたい人が観戦者にいらっしゃるようでしたので、世の中のお役に立てるなら~ということで、あえて2枚落ちを指させていただきました。
(こころいき先生、勝手なことをして、本当にごめんなさい。深く深くお詫び申し上げます。)

ものすごく気楽に指した2枚落ちでした。尾瀬さんも観戦者の方によくわかるように、私がきちんと駒組みするまで、攻めるのを待っていらっしゃいましたし。(普通、上手は組みあがるまで待っていてはくれません^^;)
いつ見ても、組みあがったニ歩突っ切り定跡は美しいです^^
私は、あの定跡が本当に大好きです♪

その2枚落ちの定跡を使って、4枚落ちで勝ちたい~というのが、ずっと以前からの願いでした。
江戸川突歩さんはとても素晴らしい上手で、下手の心をちゃんと受け止めることができる方です。私は、いつもうちの師匠と同じような安心感をもって、対局していただくことができます。
その反面、「決して負けない」という勝負師にありがちな勝ち気な気持ちをお持ちなので、まったく手を緩めることはありません・・・^^;
そこは、うちの師匠と正反対ですね~こころいき先生は私の王様に詰みが発生していても私が詰められそうであれば、そちらを優先させてくれる稀有な人ですから^^
というわけで、今は突歩さんのおかげで、私の4枚落ちはボロボロです。。。

突歩さんの32玉型に対抗するには、やはりニ歩突っ切り定跡を使うしかないかな~と、ちょうど2枚落ちの定跡に目を通していたところだったので、序盤はかなり楽でした。
大事なのは組んでからあとの攻めなのですが、まだまだ弱いかな~というのが自分の印象です。
もっともっと厳しく攻められるようでないと、突歩さんの4枚落ちには勝てないな~。
突さんが昨夜お見えになったのは、ちょうど定跡が組みあがってすぐくらいでしたので、「すぐ負けますから、待っててくださいね~」と言っていたのですが、結構そのあと白熱しました^^;
おそらく尾瀬さんが余裕を持ちすぎたのではないかと推察しますけど^^

最後、上手85手目の62の桂馬を打たれたのが痛かったです・・・。
本気で詰むつもりでしたので。(爆)
そのあとは時間がなかったこともあり、投了させていただきました。もともと昨夜は勝ち負けではない対局でしたので。
棋譜はこちらです。

感想戦でも、突歩さんにいろいろとアドバイスをいただけましたので、それはそれでよかったのですが、私が次の4枚落ちにどういう戦法で行くかはすでにばれてしまったので、ちょっとがっかりです。。。^^;
ま、いいか^^

line
私が、このfc2というブログサイトに来たのは、ハンゲームにリンクしていたNというブログサイトが閉鎖されたためなのですが、もちろんNのあとにはCというサイトができました。
そのCがどうも使いづらそうだな~と思い、すでに何人かお友達が移行していたこのfc2にお引越ししたわけですが・・・。

実は、当初、Cにも登録だけはしておこうと思っていました。
ところが!
なんと、Cは登録しない人からの外部コメントを受け付けないんですね・・・^^;;(おいおい~って感じ)
つまり、誰かのブログにコメントがあるということは、登録している人~というわけですね。

私にとって、実はそれはとても困ることだったんです。。。
我が家は子供達と4人でパソコンを共有して使っています。私と子供達は、ハンゲームにそれぞれIDを持っており、Nでブログも開いていました。もっとも、ブログを一番まじめにやっていたのは、私一人でしたけれど^^;
で、今回、Cというサイトは、おなじメールアドレスで複数のIDの登録を認めない~という方針を事前に打ち出しました。
ということは、我が家は、誰か一人しか登録できないわけです。

う~~ん、困った^^;
でも、実は私には裏技があって、自分だけのひそかなメールアドレスを持っていたので、自分はとりあえずそれで登録だけはしておこうかな~と思ったわけです。記事は更新しなくても、登録することによって、いろんなお友達のところに遊びにはいけますから。

ところが。
コメントを書く~ということが、登録した人しかできないということになると、「お母さん一人、登録している~」ってばれるでしょ^^;
主人にも、「一番、ゆめさんが嵌りすぎ!」とたまに怒られるのに、これでは親としてなってませんよね~。
というわけで、登録しないと記事が消えるとか、そういうよほどの事情がない限りは、とりあえずCサイトへの登録は見送ることにしました。

Cでブログを続けているお友達の皆様には、コメントを書くことができなくて、本当にごめんなさいね。m(_ _)m
深く深く、お詫び申し上げます。

それにね。
私のブログに来てくれていた人の中には、ブログを持っていない人が結構いらっしゃったのです。
そして、その人たちが私にとってどれほど大事な人たちかは、言葉で言い表せないほどです。
私が毎日、笑ったり泣いたりしている様子をコメントはなくても、一生懸命見に来てくれて、心の慰めにしてくださっていた人達が、ちゃんといらっしゃったのです。
その中には、私と同じ哀しみを持っている人、私をとても大事に思ってくれている人、いろんな方がいらっしゃいます。
その人たちの心を少しでも癒してあげたいと、笑顔になってほしいとブログを始めたのに、その人達が何も言えない状況を作り出すのは私にはとても納得できませんでした。。。というわけで、ハンゲームにリンクされていませんし、以前とは来てくれる人の数もめっきり減ったとは思いますけれど、私にとってここは自分だけの自慢のお部屋にしていきたいところですから、これからも皆様、どうぞよろしくお願い致しますね^^

とりあえずは、4枚落ちを頑張っているところです~♪
突さんに、いつになったら勝てるんだろう???^^;
line
昨夜は、江戸川一門でも指折りの上手である「江戸川穴歩」さまと、4枚落ちを指させていただきました。
とってもとっても楽しかったです^^
4枚落ち自体が大好きな手合いなので、とにかく指せることが嬉しくて楽しいみたいです。
序・中盤はともかく、終盤の寄せがやっぱりまだまだでした。。。
最後はやはり討ち取られてしまいましたけれど、自分でもいろいろ考えながら指すことができて、本当に勉強になりました。^^

突歩さんが、序盤からずっと観戦してくださっていまして、終盤の寄せ方、攻め方をいろいろとアドバイスしてくださいました。
突歩さんも、とってもいい上手ですので、ぜひ今度お相手をしていただきたいとお願いしました^^

棋譜はこちらです。
(ちなみに、「江戸川夢歩」となっているのが、私です^^;・・・江戸川IDで、ハンゲをうろうろすることは少ないのですが、昨夜はたまたまこちらでした^^)
皆様のご感想をお待ちしております。^^
line
     「凛として・・・」
凛として生きたい
どんなときにも
まっすぐに前を向いて
背筋をしゃんと伸ばして
自分の信じる道を見つめていきたい。

風が強いときにも
雨が激しいときにも
嵐にあったとしても
負けない心をもちたい。

誰かに流されるのではなく
自分の心で考えて
自分の意志で行動して
しっかりと歩いていきたい。

凛として生きたい
悩んだり
悲しんだり
泣いたりしてもかまわない
だけど、
強い心とやさしい心をなくさないように、
私は凛として生きていきたい。
line
     「頑張るということ」
頑張って、
というのはたやすいけれど
私はあえて言いたい
頑張りすぎないで、と。

「頑張る」という言葉はとても素敵な言葉だけど
実はそのなかにとてもおおきなものがたくさん詰まっていて
何気なく与えられるプレッシャーに押しつぶされそうになることもある

こんなに頑張っているのに
これ以上どう頑張ればいいの?

そんな何気ない問いかけをされたとき
私は言葉のもつ意味の重さにどきりとした。

そうだよね
本当にそうだよね

これ以上、頑張らなくていいよ
だって、いっぱい頑張ったんだから。
今も、いっぱい頑張っているんだから。

こんな一言で、あなたの心が少しでも癒されるのであれば
何度でも言ってあげる
「頑張ってね。でも決して、頑張りすぎないでね」と。
line
     「ただ一つの思い出」
長い、とてもながいすべり台をすべりました。
私のひざの上にはあの子がいて、
まるで空気のように軽いのです。
本当にいるのかいないのかわからないほどで、
私は決して離してはいけないと
ただ、ただ、必死に抱きしめていました。

長い、本当にながいすべり台でした。
ずっとこのままでいてほしいと
このまま永遠に時間が止まってほしいと思いました。

でも。
すべり台は、すべっておりていくもの。
いつかは地面に届くのです。
いつかは地上に帰るのです。

地面がみえたとき、
あの子が言いました。
「ママ、生んでくれてありがとう」

私はあなたを生めなかったのに。
私は自分の命とあなたの命を引き換えにしてしまったのに。
それでも、あなたは許してくれるの?
それでも、ママと呼んでくれるの?

すべり台をすべり終えたとき
私の腕の中にあの子はいませんでした。
決して離さないとあれほど心に決めていたのに。
そして、
私の腕の中から、
光のかけらが天に昇っていきました。
幾筋も幾筋も
きらきらとした輝きに満ちて
美しい光のかけらが私を振り返りながら昇っていきました。

たった一つの
この思い出だけが
私とあなたのかけがえのない宝物ですね、
ひかりちゃん。。。

      (「詩集・ひかりへ・・・」より抜粋)
☆      ☆      ☆       ☆
この詩は本当のことです。
どうしても生まれてくる子供をあきらめなくてはならなくて、そのための手術をうけたとき、麻酔で眠らされていた私が、その短い時間に見た夢の出来事です。
お友達である「るおやん」さんの「空の宴」のホームページの中に、とても素敵な絵があります。
「2005年3月のイラスト」~「祈りの旅」というその絵を見た瞬間に、なぜか「この詩を載せよう」と心に決めました。
るおさんの絵と共に味わっていただければ幸いです^^

line
     「ありがとう・・・」
ありがとう・・・
大切な人に ありがとう
生んでくれて ありがとう
育ててくれて ありがとう
見守ってくれて ありがとう
愛してくれて ありがとう

ありがとう・・・
いろんな人に ありがとう
仲良くしてくれて ありがとう
お友達になってくれて ありがとう
苦しいときにそばにいてくれて ありがとう
悲しいときに一緒に泣いてくれて ありがとう

ありがとう・・・
たった一人の人へ ありがとう
出会ってくれて ありがとう
そばにいてくれて ありがとう
苦しみを受け止めてくれて ありがとう
悲しみを分け合ってくれて ありがとう

ありがとう・・・
子供達にも ありがとう
生まれてくれて ありがとう
元気に育ってくれて ありがとう
そして・・・
生んであげられなかったただ一人の私の天使へ
あなたの命をくれて ありがとう
ママは
世界中のだれよりも
あなたをずっと愛しています。

    
☆       ☆       ☆      ☆
ここに来てくださるみなさまへ~。
いつも本当にありがとうございます^^
line
棋譜を載せる練習です。^^;
今回は、と金さんとの6枚落ちです。
棋譜は,こちらから。

なんとなくできたみたいで、嬉しいです^^
ちなみに、初めて、と金さんに6枚落ちで勝てました~♪
でも、私の終盤力のなさをと金さんが見誤って、投了してしまったので、実際は王手をかけられて逃げ損なって討ち取られていたような気がします。。。ま、いいか^^
line
NAVERブログの閉鎖に伴い、新しいブログの活動場所を探していました。
こちらには、すでに何人かのブログ友達がお引越しされていましたので、こちらで心機一転、新しいブログを立ち上げることにしました。
どうぞよろしくお願い致します。^^

まだ使い勝手が慣れていないので、これからゆっくりと充実させていきたいと思います。

駒落ちで将棋を勉強していますので、「今日も負けた~」というような将棋日記がメインになると思います。^^;
棋譜もできるだけ載せられればいいな~と思っていますので、いろいろアドバイスをいただけると嬉しいです。
「詩」や「童話」といったカテゴリもありますので、そちらも少しずつ書いていければいいかなと思っています。
ブログを通じて、いろんな方とお知り合いになれることを楽しみにしていますので、これからよろしくお願いいたします。(*^-^*)
line
line

line
月と星と妖精ダストのブログパーツ
line
プロフィール

ゆめ

  • Author:ゆめ
  • ハンゲーム将棋弐と将棋倶楽部24、最近は将棋ウオーズにも出没している将棋大好きな主婦です。
    子供たちも大きくなって、息子は社会人2年目、娘は大学四年生です。
    ペットはミニチュアシュナウザーのセナ(メス)8歳です!
line
Wedding Anniversary

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カテゴリー
line
月別アーカイブ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line