24名人戦が終了しました。参加された皆様、長期間にわたる熱戦、ほんとうにおつかれさまでした&楽しませていただき心から感謝しております。ありがとうございました。m(_ _)m
私が昨夜24にログインしたときに、お友達が対局はしていなかったので、さてどうしよう???と思い、「じゃあ私が指してみようかな」とレーティングを待ちにしてみました。ほどなく挑戦があったので、お受けして。
こちらが先手だったのですが、4手目に後手が64歩とついたので「ほ~」と思いました。右四間志向ですね。このレベルではわりと珍しいかなと思ったのですが、最近あまり指していなかったので実は流行っているのか、そのあたりはよくわかりません。
中盤のはじめくらいまではほぼ読みすじで進んだので、あまりこちらは時間を使いませんでした。問題はそのあと。大駒が交換になって、後手は79飛と飛車を打ち、こちらは55角と角を打って。そのあと後手の61香と打った手がとてもよくてかなり考えました。68の金を狙った手で、69歩と打ってしまっているので67歩とはうてないし。73角成りとすると桂得にはなるけれど、角がそっぽに行くのでそこから攻めの手を作るのは時間がかかるかも・・・その間に68香成から後手の攻撃が間に合ってきそうです。結局11角成りと馬を作りに行ったのですが、これがよかったのかどうかいまだに考えています。▲11角成~▽22銀~▲12飛車と打って、当然の▽31金。ここから何かあったような、でもわからない^^;
結果的にはそのあとかなり無理攻めをしてしまいました。。。なので、すごく反省しているのですが、こちらの攻めが切れかけていると思った後手が68香成りの攻めを実行した瞬間がこちらとしては一番のチャンスとなって、これを同歩と取らずに攻めの姿勢を貫いた結果、詰ませることに成功しました。
それにしても、中盤の終わり頃になるとまだまだうまくないなあ。。。
これはたまたま勝っただけで、こんな将棋を続けていればまた負け続けてしまいます。しっかり復習して自分なりの結論を出したいですね。

指している間に、誰か遊びに来てくれるかなあと思っていたのですが、誰も来てくれず。(爆)人気ないなあ^^;
ということで、昨日はかなり腰を痛めていたこともあり、そこでPCを終了しました。
これからも、少しずつ指していきますので、お友達の皆様、見かけたら観戦に来てくださいね~^^
スポンサーサイト
line
昨夜も24名人戦を観戦しようと意気込んでいたのですが、お友達が指していらっしゃらなくて^^;
皆様かなり消化しちゃったんでしょうね~。レアキャラの方がお見えにならない限り、指す相手がいない状態になりつつあるようです。
・・・ということで、「じゃあ久々に指そうかな!」と思い、私がレーティングを指すことにしました(爆)。
しばらく待ちにしていたら挑戦が来たので、お受けして。
先手を引いたのですが、相手の方が3間に振ってきたので、あ~~って感じだったかも^^;
指してなかったのですっかり忘れてましたけど、相振りっていう戦型もあったんだなあ・・・みたいな(爆)。
でも全体的には私のほうが指しやすい感じではあったと思います。
ただ、優勢だったからこそちょっとゆっくりした攻めになりすぎちゃったのかも。
相手が暴れてきたときに、桂馬を持っていたのを見落として、まだ大丈夫と攻めに一手使ってしまって。桂馬で王手かけられた瞬間、「あ~~~><」って感じになりました^^;とにかく壁銀のため、王様の逃げ道があまりにも少なくて。
そういうところは実戦の勘みたいなものが働くかどうかなので、まあそれはそれでしょうがないです。潔く投了しました。
実のところ5連敗くらいは覚悟しています。
私がこの数か月やってきたのは頭の中での将棋なので、実戦でないと見えてこないものはどうしてもあるし、勝負勘みたいなものは実戦でないと養えないですし。
でも、昨夜の対局はいろんなものがちゃんと見えていたので、私の中での第一段階はクリアした感じです。終盤のスピード勝負では負けましたけど、それは今後に生かせるし。
なにより、角を打たれたときに「ここに打たせることができてラッキー」的な感覚を持てたのは大きかったです。以前は「こんなところに打たれたら本当に困る」としか思っていなかったですから^^;
中盤~終盤にかけて、相手の指し手につきあうのか手を抜くのか、玉を広くするのか攻めに一手使うのか、そういうところをしっかり読んでいきたいと思っています。そのために負けるのは仕方ないって感じかなあ。。。観戦していても寄せ方や詰ませ方など読めてないなあと思うところは多いので、そのあたりは詰将棋などを頑張るしかないでしょうし。
収穫は多かったので「勉強させていただきました。ありがとうございました」と打ってから投了したのですが、相手の方はどう思われたでしょうか?

明日で2月も終わり。
3月になると春がもうすぐ~という気持ちになります。我が家の庭でも雑草が少しずつ伸びてきたので今朝すこし草むしりをしました。本当に植物はちゃんと季節を感じているのがすごいなあと毎年思います^^

line
昨日は「将棋界の一番長い日!」つまりA級順位戦最終局の日でした。
2月に行われるのは珍しいですね。私も王将戦の第5局が3/1~2に行われることを知るまでは、3/1がA級順位戦最終局と思っていたのですが、さすがに同じ日ではないでしょうからそのあとで調べて今年は2/25だということを知りました。
囲碁将棋チャンネルでずっと放送してくれるといいなあと思っていたのですが、今年はやらないようなので、AbemaTVで中継してくれるのをパソコンで見ることにしました。一日中つけっぱなしにしていたのですが、楽しかったです^^
PCなので、夜には24名人戦とあわせてみることもできましたし。

ほんとに夜遅くまで熱戦がつづきました。
結果としては、屋敷9段・佐藤康光9段・渡辺竜王が勝ったので、その時点で挑戦者は稲葉8段に決定したようです。私はそこで寝ることにしましたけど、千日手指し直しとなった稲葉8段vs森内9段戦は稲葉8段が勝って森内9段の降級が決定したようです。永世名人保持者の森内先生がB-1降級となって、20代の天彦名人と稲葉8段による名人戦。少しずつ時代が変化していっているのでしょうか・・・。
来期は、久保先生がすでにA級復帰を決めていらっしゃいます。
さらに興味を持って見ているのはB級2組で、応援している斎藤慎太郎6段が現在8-1で単独トップ。次の北浜8段戦で勝てば文句なしにB級1組昇級になりますが、現在順位的に最下位のため、次もし負けてしまった場合、現在7-2の菅井7段、中田宏樹8段の結果しだいということになります。一期でB-2を駆け抜けて昇級を決めてほしいなあ。。。

24の名人戦のほうも熱戦がつづいています。
私にできることは、私なりの見方でいいからしっかりと局面を見て応援することなので、今夜もできるだけ観戦にうかがおうと思っています。みなさま、頑張ってください^^
line
2月も半分以上すぎてしまったのですが、昨夜やっと今年の初指しをはたすことができました!
お相手は、長年のライバル・男さんです~。
私にとってはライバルなのですが、男さんにとって私は遊び相手にしかならないんでしょうけど^^;
実は、昨日の朝に「夢さんお暇ならあそぼ~」というメールが届いたのですが、折悪しく、昨日の午前中はセナをトリミングに連れて行く日だったので、「今夜は主人がご飯いらない日なので結構ながく指せると思うから、今夜はいかがでしょう?」と返したら、「じゃあ今夜ね」ということになりました。

4局指して1勝3敗。
・・・まあ、こんなもんかな^^;
もしかしたら、1勝した対局も手を抜かれたかなあ・・・という気がしないでもないけど。なんせヨッパだったらしいですから(爆)。

さて将棋の内容ですが、今は中盤にこだわって勉強しているので、その成果が出ているかどうかが私にとっては大事でした。
ありがたいことに、男さんは今まであまり指さない序盤で来てくれたので、そういう意味では中盤いろんなことを考えることができて勉強になりました。
私も角換わりで右玉にしたり、向かい飛車~穴熊に囲ったりと、不思議なくらい今までやらなかったようなことをやってましたし。経験値がないので、なかなかうまくは指しこなせませんでしたけど、「序盤はどうだった?」と聞いたら「普通だと思う」と返ってきたので、まあそこそこやれていたようです。(序盤は大きな失敗さえなければオッケー)
大事なのはその都度柔軟な発想ができるかどうかで、相手の手に乗って工夫できるかどうか~みたいな。
「相手に抑え込まれている」と思うのと、「相手の手に乗って自由に動いている」と思うのは、それだけで全然違うんだなあと、精神的なものも大事なんですね。そういうのも天彦名人の講座の影響かも・・・私は本当にネガティブな受け止め方が多かったので^^;
今はまだ経験値が少なすぎて、時間もたくさん使ってしまうし、相手の狙いを看破するのもむずかしいけれど、やっぱりどんなことでもいっぱい負けるところから始まっていくんだろうなあ。。。

昨夜勝った将棋は2局目でした。途中までは1局目とほぼ同じような感じで進んでいたのですが、端歩をつかれたときに受けなかったり、その分自玉を安全なところまで早めに移動させたり・・・と1局目の反省をいかしてみました。
その結果、歩の活用が結構できたんですよね。駒がみんな働いているなあ~って感じで。
男さんの攻めのほうが遅いというのがはっきりとわかったので攻めやすかったし、ちゃんと詰ませることもできました。
いつもこういうふうに指せれば勝率もっと上がりそうですけど(爆)。

そうそう、ひかるさん、攻さん、まきさんに「今夜男さんと指すからお時間あったらハンゲにきてね~」とメールを送ってみたのですが、結局最後のほうにひかるさんが来られただけでした^^;まあ急に連絡あってもなかなかね~。特にまきさんは飲む予定多い人だし。
とにもかくにも今年の初指しが無事に終わりました!
今日から3日間はまた24名人戦の応援のほうに勤しみたいと思います。
見ていると不思議なくらい「指したいなあ」って思えてくるんですよね。その勢いで24でも初指しできるといいなあ^^
お友達のみなさま、また観戦にお邪魔しますので、頑張ってくださいね!!!


line
ここ数日、ハンゲの将棋ロビーも何度かのぞいてはみるものの、知り合いは誰もいなくて^^;
ちょっとやる気になっていただけに、つまんない~~~(爆)。
みんな何してるのかなあ???
元気かなあ???
攻さんだって、さすがに卒論も出し終えているでしょうし、今はまだご実家に帰っているわけでもないでしょうから、将棋ロビーに居座っていてもいいんじゃないかと思ったり。でもまあ、その人の忙しさって、はたから見るのとはまた別のものがありますから。PCが壊れているかもしれないしね^^

天彦名人の「中盤の読みとき方」の講座は、本当に勉強になっています。
形勢判断なんて私にはわからないから~~~と、まったくする気のなかった私が、とりあえず局面を判断するようになっているし。さらにそこから、自玉を固めたほうがいいのか、攻めの手を指したほうがいいのか・・・とか、今までとは違う視点で考えるようになりました。
以前から思っていたんですよね。たしかに私は終盤がいつになっても超初心者なんだけど、でもそれ以上に中盤に問題がありそうって。
序盤で多少優勢になっても、中盤~終盤でひっくり返されることは多いし、序盤で作戦負けを喫してしまうとそこから立ち直れないし^^;
テキストにはプロの実戦譜が問題としていくつか載っているのですが、それがここ最近のNHK杯の棋譜が多いんですよね。天彦さんの棋譜もありますし、そうでないのもあるわけですが、今年の対局などもあって局面など記憶に残っているものも結構ありますし。
天彦さんの実戦譜では、勝ったものばかりではなくて、負けた棋譜もあるので、「プロでも最善を指さないと負けてしまうんだ・・・」と勝負の厳しさを改めて感じています。
そして、寄せに入るタイミングというのも大事だなと。プロはあっという間に寄せに入っているイメージがあったので。私の場合、受けているうちに反撃のチャンスもなくやられてしまうことが多くて「もお~」って感じでしたけど(爆)、プロだってある程度条件がととのわないと無理やり寄せようとはしないのだということもわかりました。
寄せの条件がととのわないときは、一手受けの手を入れておくとか、玉を固めておくとか、それが大事なんだなあと。
自玉の安全を確保できるから安心して攻められる~って、ほんとうに当たり前のことなんですけど、私のような永遠の初級者は一度攻めはじめるともう後戻りできなくなっちゃうので^^;
形勢判断は観戦していてもできることなので、しばらくは高段者の対局をみながら形勢判断の練習をしてみようかなと思っています。
三風党さんがよくおっしゃる言葉なのですが、「天下の形勢はいかがですか?」と。いつもちゃんと答えられなかったのですが、これからはきちんと答えることができるよう~たとえ間違っていても~勉強をつづけていきたいです^^
line
line

line
月と星と妖精ダストのブログパーツ
line
プロフィール

ゆめ

  • Author:ゆめ
  • ハンゲーム将棋弐と将棋倶楽部24、最近は将棋ウオーズにも出没している将棋大好きな主婦です。
    子供たちも大きくなって、息子は社会人2年目、娘は大学四年生です。
    ペットはミニチュアシュナウザーのセナ(メス)8歳です!
line
Wedding Anniversary

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カテゴリー
line
月別アーカイブ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line