改めて言うほどのことでもないですが・・・。
将棋が大好きです~~~!!!

でも、好きだけど、どうしてもうまくなれない。
一生懸命やっているのに、全然強くなれない。
最近は序盤で「もうだめかな~」と思うこともしばしばあって・・・。

というわけで、あらためて二枚落ちを始めたわけです。

これにはいろいろと理由があり。
 ①まず、駒落ちといえども、優れた上手に対しては手合い違いでない限りはなかなか勝ちきることは難しい。
  なので、その上手の変化にいかに対応できるかを重視する。

 ②さらに、負けてもグダグダ言わない。負けたら、要するに自分が弱いだけと思えばいいかと。(駒落ちだと素直にそう思いやすいので)

 ③そして、自分に勝ち筋があった場合、勝ちきるための終盤力を身につける。

これを自分なりの目標として4月は二枚落ちをひたすら指しました。
指した瞬間に最善手がわかった場合もありますし、入玉されて涙をのんだこともあります。
でも、それは要するに私が弱いから(②)なので。
だれも本のとおりになんて指してくれないし、定跡をそのまま守ってもくれません。
どこかで必ず変化があって、それは駒落ちも平手も同じことで。
平手を指しているときに、自分の経験不足を棚に上げて「こんなに変化ばかりされたらわからない」って思ったことがありました。考えて指して、そのときは一生懸命なんだけど、心のどこかにそういう逃げの気持ちがあって・・・。
指しているときには気づかなくて、そのあと検討しながらいろいろ考えているうちに、心のどこかにそういう自分がいることに気づいて、それがとても許せなくて。
指してくれている男さんにも失礼だし、なにより自分で自分を嫌いになりそうなくらいでした。

だから、言いわけしている自分の弱い心を強くしたくて。
負けたのはあなたが弱いから!って、はっきりと心に刻み込みたくて。
変化されるのは当然のことで、ただ形を追うのではなくて、相手がつぎに何を見ているかを判断できるくらいになりたいと、それくらい棋力も気力も強くなりたいと、そう思ったから。

上手がだれであろうと、私の心が勝っていれば将棋も勝てるはずって信じられるまで駒落ちを指そうと思いました。
    ↓
さすがにまだそこまではいきませんけど、それでもぺんぎんさんに勝ち、男さんに連勝して、少しだけ気持ちに余裕はもてるようになりました。
特に男さんと一番最近指した二枚落ちは、序盤かなり負けていたのですが、中盤盛り返すことができて、逆転勝ちできましたから、気持ちのうえで大きな一局となりました。

そのあとから・・・平手に戻っています^^
昨夜も二局。
二局ともほぼ終盤まで私が勝っている展開になりました。
でも二局目は的確な寄せがわからなくて、かなり時間をとってしまったので、これは自分の負けだと認めています。
優勢な将棋に慣れてないので、ほんとうに終盤はむずかしいです。
でも、ぺんぎんさんに「自分の王様を安泰にしながら、駒損しないように、相手の守り駒を減らしていくように寄せていけばいい」と言われ(「いけばいい」と言われてもそれができれば苦労はなかったりするんですけど・・・)、ふっと優勢だとそのことを意識すぎちゃってるのかも~と思いました。
それまでと同じように、王様の囲いを崩すように・駒得しながら指せばいいはずなのに、どこかに詰みがあるのではないかとか、余計な神経を使ってしまって、読み過ぎてしまうのかな~と。
っていうか、他の人には詰みが見えているのに、私だけ見えないのかな~と思ったりするので、どんどんわけのわからない深読みに泥沼みたいに入り込んでしまうんですね。

「強くなりたいなあ・・・」って最近ほんとうに思います。
男さんが私と指して本当に楽しいと思ってもらえるくらい強くなりたいって、心から思います。
ほかのサイトのお友達にも「いつでもハンゲームの交流用ロビー3にある江戸川部屋にいらしてね。私がお相手しますから」って言えるくらい、本当に本当に強くなりたいです^^
スポンサーサイト
line
一昨日・昨日といいお天気でかなり暑い日でしたけど、今日は雨です。
しかも一日中降りそうな感じなので、窓拭きもできないし・・・ということで、お掃除は片付けが中心です。
今日、2泊3日の移動教室から、娘が帰ってきます。
行ってしまえばあっという間で、特に何事もなく元気で帰ってきてくれればそれでいいかな~と思っています^^
娘のいないことがよくわかったのは、朝も夜も耳にしていたポルノグラフィティの音楽を、この2日まったく聴かなかったことですね。
今夜からまたたっぷりと聴くことになりそうですけど^^

さて昨夜は男さんと指そうと思ったら、なぜか気づいたときにはいなくなっていたので(逃げられたかも^^;)、飛さんと平手を、茶柱さんと二枚落ちを指させていただきました。^^
飛さんは基本的には振り飛車なのですが、私と指すときは居飛車を選択してくださいます。玉頭位取りが多いかな・・・。
最近玉頭を指してくださる方が結構いらっしゃるので、私にとっては開拓中の分野で本を読んで研究しているところですから、指していただけると本当に有難いな~と思います。でも、中盤の捌きあいが形勢を逆転させてしまうことが多くて、まだまだ手筋などの勉強が足りないな~と反省しました。

茶柱さんとの2枚落ちですが、さすがに上手強かったです~。><
しかも上手の必殺技・金の55歩止めをもってこられて・・・。^^;
55歩止めになると、どうしても攻めが早くなってしまうんですよね。力将棋になるので。
今回もかなり攻め急いでしまったみたいで、途中から気づいて銀を下げたりしたのですが、最終的には一歩も動かなかった角(私にしては角が動かないなんて有り得ない状況なんですけど^^;)が逃げ道をふさいだ形になり、上手の王様は入玉決定でしたので、私の負けでした。
定跡とはまったくちがうので、ただひたすら盤上を見て考えていることがとても楽しくて、久々にわくわくしながら指すことができました^^
やっぱり私は根っからの駒落ち好きなんですね^^
この棋譜を江戸川戦術研究所に載せますので、指摘していただけると幸いです。
line
桂馬歩さんが「戦術研究所」というHPをつくってくださいました。江戸川の人なら利用できる棋譜の研究所です^^
そこで棋譜を生成できるようになったので、とりあえず先日ある方に指していただいた6枚落ちの棋譜をつくってみました^^
棋譜を見たい方は、戦術研究所に飛んでいただいて、「棋譜の閲覧と検索」をクリックして、「0004」という棋譜をクリックしていただければ見ることができます^^
棋譜にコメントを入れることもできますので、ぜひ書き込みしてくださいね^^

上手の方は最近おともだちになった練習用の方ですけど、
おそらく私とはすでにお知り合いだったかも・・・。(まあ、ハンゲではよくあることなんですが^^)
なにしろ最初にお会いしたときに「夢姫、こんにちは」ってご挨拶されましたから^^;
そのとき私は(お昼間だったので)本IDで入っていましたから、それを見て「夢姫」とは普通言いませんよね。。。
江戸川夢歩と同一人物とわかってないと、なかなか初対面でそうは呼ばないかと^^;
でも、とてもいい方だったので、時間もあったことだし、6枚落ちを指していただきました。

これが本当にすごい上手で・・・。
角があっという間に成っちゃうんですよね~というか、成らせてくださるんですよね~^^;
だけど駒損をなさらないんです。もう全部お見通し状態^^;
観音様の手のひらであそばされている孫悟空だな~と思いつつ、それはあまりにも悔しいので、必死で食いついていました^^;
勝っていても負けたような気がしてしまいますけど、終盤上手のミスでそのまま投了となりました。
馬を引かずに寄せられたはずとは思ったのですが、時間で読みきれず、そのときは馬を引くことになってしまったことが残念です。
寄せられるときにきちんと読みきることが6枚落ちでの課題ですから、まだまだだな~と自分ではため息をついている今日この頃です^^;



line
さて、私が将棋のことを新年になってから少しも書いていないので、
「もしかしたら、ゆーめーさんはまだ元気になっていないんだろうか・・・」と心配してくださった方がいらっしゃいましたので、お話します。

今年の指し初めは、元旦の夜でした^^
主人が早めに休んでしまい、サークル活動を終えた後、「みんないるかな~」と思って交流用ロビー3をのぞいたのですが、さすがに11時も過ぎてからは江戸川の人は誰もいなくて。
でもしばらくボ~っとしていたら、仲良しのcalantheさんがお見えになって、「指せますか?」と誘われたので、「0時半までなら~」ということで、練習用に移動して平手を指しました^^
calaさんは雁木がお得意ですが、振り飛車相手にはあまり指されませんので、私は雁木での対局はほとんどなかったのですが、その日は最初から「雁木で行きます」と^^
途中、飛車角の捌きはうまくいったのですが、
どうしても狙いたかった45歩の筋をうまく生かしきることができず、大駒の動きにつられてしまい、あえなく敗れました。。。
それでも何を自分は目指していけばいいのか、途中こういう手はどうだったのか・・・感想戦も2人でいろいろと検討できて楽しかったです^^

いままで元旦に指したことはなかったので、自分でもすごく嬉しかったです。今年はいい年かも~♪^^

そして、昨日・・・。
夕方から突歩せんせいに、夜中からは男さんに、ひたすら6枚落ちを指してもらいました^^
特に男さんには、連続4局も。。。
さいごは詰みも寄せも訳分からなくなっていました^^;
しばらく6枚落ちを指すつもりです。
6枚落ちだけを指すと片手落ちになるので平手も指しますけど、基本的には(特に一月は)重点的に6枚落ちにこだわろうかと。^^
王将戦で何がいけなかったのかを振り返るとともに、どの手合いでも「自分らしく」指せるようになるための訓練です。
定跡どおりの序盤の指し方と、相手にあわせた指し方と、その二つで迷うことがなくなるように。
そして、きちんと寄せられるように・・・。
試行錯誤中なのでバンバン負けていますけど、
誰にもぜったいに負けたくないから、少なくとも気持ちでだけは負けたくないから、しばらくがむしゃらにやっていこうと思っています^^

今年もずっと将棋が好きでいられますように^^

line
いま、飛香落ちに嵌っています^^
じつはこの手合いは、わが師匠からは「飛ばしていいです~♪」と言われていた手合いです。(^^;)
2枚落ちを(一応)合格したことになっている私としては本来なら飛車落ちに進んでいなければならないのですが、本人がいまだに『2枚はまだ卒業したくないので~』と言い張って、いつまでも2枚落ちに居座っています。
ただ、今回の王将戦で、舞踊歩さんと「飛香落ち」で指すことになったため、急遽練習を始めました。
これが・・・本当に面白いです^^

新しい手合いを短期間で練習する場合、定跡どおりに指しても指しこなせないのはわかっていますし、定跡が下手有利とも限りませんので、そうなったら私は四間で指すことに決めています。
相手の飛車と左香がないというハンディをいかすために、本来なら一筋攻めなどを試みるのが定跡とはわかっていますけど、意識すればするほどかえって上手の手の内に入ってしまいそうなので、あえて四間で楽しく指しています^^
これは本当に楽しいですね~♪
だって、男さん相手に終盤までいくんですもの^^
男さんも負けず嫌いなので、いろんなパターンで上手をもってくださいますけど、いつもいい勝負になります。
で、こちらが勝つときもあれば負けるときもあります。
2枚落ちだと私のほうが勝つ率が高いので、もしかしたら男さん相手だと一番ぴったりの手合いなのかな~と思いつつ、ほとんど毎日「あそびましょ」と言ってお誘いしてます^^
(なにしろ男さんとは、平手だとなかなか終盤までいかないんです^^;)
突歩せんせいも全面的に協力してくださっていて、お時間があるときは私の練習相手もやってくださいますし、棋譜を見て感想戦もやってくださいます。
こんなに楽しい手合いがあるとはまったく知らなくて、今までちょっと損してたかも^^
駒落ちも奥が深くて困っちゃいますね~。
どの手合いも練習すればするほど、みんな大好きになってしまいます・・・。
もう少し飛香落ちをやってみたいですけど、舞踊さん戦を終えたらまた別の手合いかもしれないので、そういう意味では残念ですね。。。
でも、気がついたら、男さんと飛香落ち指してるかも~。
本番ですこしでもいい勝負ができるように、もう少し頑張りますね^^
line
line

line
月と星と妖精ダストのブログパーツ
line
プロフィール

ゆめ

  • Author:ゆめ
  • ハンゲーム将棋弐と将棋倶楽部24、最近は将棋ウオーズにも出没している将棋大好きな主婦です。
    子供たちも大きくなって、息子は社会人2年目、娘は大学四年生です。
    ペットはミニチュアシュナウザーのセナ(メス)8歳です!
line
Wedding Anniversary

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カテゴリー
line
月別アーカイブ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line